著作権と転載について

著作権について

コリア・エレクトロニクスに掲載された記事・画像などコンテンツの著作権は、コリアマーケティング株式会社
またはコンテンツ提供元(ニュース記事原文)に属します。

転載について

  • 掲載記事および画像(写真、イラスト、動画等)の転載は、著作権法上認められている「私的利用」の範囲を超え
    て、当社に無断で行うことはできません。
  • 非営利目的であっても、インターネット上の個人サイトなどでの転載は上記の「私的利用」には該当しません。
    当社の許諾無しに転載することはできませんのでご注意下さい。
  • 企業のイントラネット上での転載も、同様に当社の許諾無しに転載することはできませんのでご注意下さい。
  • 記事や写真の複製・転載をご希望の方は問い合わせフォームをご利用ください。

引用について

  • 掲載記事の引用は、著作権法上認められている範囲を超えて、当社に無断で行うことはできません。
  • 掲載記事を引用するには、以下の条件を満たしている必要があります。
    1. 報道・批評・研究など、対象記事を引用する必然性があり、その範囲についても合理性・必然性があること。
    2. 引用先と引用部分に量的・質的な主従関係があること。通常、引用は自らの創作性のある文章に対し、補強材料とすることが前提であり、慣行上、引用部分が本文よりも短い必要があります。
    3. 引用部分と本文が明確に区別できること。および、出所を明示すること。
    4. 原文のまま取り込み、部分的な改変などを行わないこと。

リンクについて

  • コリア・エレクトロニクスへのリンクは原則として自由です。
  • リンクには、コリア・エレクトロニクスへのリンクであることを明記して下さい。
  • リンクは自然な形式でお願いします。フレーム内で表示される形でのリンク等、弊誌の運用に差し支える形式
    はお断りしております。

そのほかのケースにつきましては、個別に対応させて頂くことになります。

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP