ファーウェイ、次期フォルダブルフォンにサムスンパネル採用か

中国最大のスマートフォンメーカーであるファーウェイが、次期フォルダブルフォンにサムスンディスプレイのパネルを採用するという。 ファーウェイは、これまでBOEのパネルを採用していた。

17日、韓国の電子新聞(etnews)は、ファーウェイは最近、サムスンディスプレイに対し、次期フォルダブルフォンに搭載する有機発光ダイオード(OLED)パネルを注文したとの業界情報を伝えた。

同報道によると、ファーウェイに供給されるフォルダブルパネルは8.03インチであり、画面が内側に折れる「インフォールディング」方式が有力であるという。 ファーウェイはサムスンのパネルで完成品を作り、9月に次期フォルダブルフォンを発売する計画であることが明らかになった。

ファーウェイは、フォルダブルスマートフォンで自国最大のディスプレイメーカーBOEとの協力関係を構築し、昨年発売した「Mate X」にもBOEパネルを搭載していた。しかし、品質、量、納期など基準を満たしていないことから、サムスンディスプレイのパネルを採用したと電子新聞は伝えている。昨年発売されたファーウェイの「Mate X」は、画面にシワが生じるなどのディスプレイ品質の問題が指摘されていた。

同紙は、「サムスンはグループ全体で、関連会社が生産した戦略製品はグループ内でのみ一定期間独占使用する戦略を広げてきた。これはサムスン電子のスマートフォンの差別化など、競合他社との技術格差を維持するためであった。しかし、ファーウェイと今回のフォルダブルパネルの供給が実現され、フォルダブルパネルの外販制限が解除された様である」と分析した。
 
(参考記事:「サムスン電子とサムスンDがカバーウインドめぐり葛藤か」)
 
(写真:サムスンとファーウェイのフォルダブルフォン=両社提供)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP