サムスンがマイクロLED「ザ・ウォール」の体験ゾーンを開設

サムスン電子は31日、京畿道の水原(スウォン)市にあるギャラリア百貨店において「ザ・ウォール(The Wall)の「体験ゾーン」を開設したと発表した。

ザ・ウォールは、マイクロLEDをベースにした次世代ディスプレイであり超プレミアム製品だ。

同百貨店にあるサムスン電子のプレミアムストアの入り口に設けられた同体験ゾーンでは、ザ・ウォールの146型が設置され、訪れた顧客が製品を直接体験し、購入も可能であるとサムスン電子は伝えた。

 

サムスン電子は、ギャラリア百貨店だけでなく、今後、様々な店頭で展示を拡大して、より多くの顧客がザ・ウォールを体験できるようにする予定であると明らかにした。

マイクロLEDはサムスン電子が次世代ディスプレイとして力を入れている。マイクロLEDは、LED素子一つ一つが自発光し、有機発光であるOLEDに対し、無機発光であることから封止膜がいらず、その分より薄いディスプレイを作れるとされる。今年1月に米国で開かれたCESにおいて、サムスン電子は当時世界最大となる292インチのマイクロLEDスクリーン「ザ・ウォール」を公開した。すでに商用などで販売もされている。

今回の体験ゾーンの開設は、サムスン電子がマイクロLEDの販売に力を入れ出したとみることもできるが、韓国メディアなどでは価格が非常に高いとされており、生産台数は年間1千台未満とされ、家庭用として量産販売するにはまだ時間がかかると予想される。
 
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (上)」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (下)」)
 
(写真:サムスン電子提供)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP