現代自動車、世界初となる水素・電気トラック「XCIENT」を輸出

現代自動車が世界初となる水素・電気トラックの量産体制を整えたとし、一度の充電で400kmの走行が可能な水素・電気トラックである「XCIENT」10台をスイスに向けて輸出した6日明らかにした。

「XCIENT」は、車両総重量(接続の車の重量を含む)34トンの大型カーゴトラックであり、2つの水素燃料電池で構成された190kW級水素燃料電池システムと、最高出力350kW(476ps / 228kgf・m)級駆動モータを搭載した。

1回充電時の走行距離は約400kmで、水素充電時間は約8〜20分を所要するという。
 
(参考記事:「[特集]電気自動車バッテリーで「全方位外交」を進める現代自動車」)
 
この日、出荷された「XCIENT」は、昨年9月に正式に発足した現代自動車とスイスの水素ソリューション専門企業・H2エネルギーとの間で設立された合弁会社「現代ハイドロジェンモビリティ(Hyundai Hydrogen Mobility)」が輸入元であり、現代自動車側は今年末までに40台を追加で輸出し、2025年までに段階的に総1600台を供給すると説明した。

現代ハイドロジェンモビリティは、「XCIENT」を現地流通用途で供給する計画だ。

現代自動車、急速に成長する世界の水素・電気トラック市場を獲得するために、今後1回の充電走行距離が1000km以上となる水素専用の大型トラックコンセプトカー「HDC-6 Neptune」ベースの長距離輸送用大型トラクターを北米やヨーロッパなどで発売する予定だ。

現代自動車の商用事業本部長であるイ・インチョル副社長は、「世界初となる水素・電気大型トラックの量産・販売を開始することにより、現代自動車の水素・電気商用車のグローバルリーダーシップを世界に知らせる契機になった」とし、「現代自動車は車の供給という単純な目的を越え、ヨーロッパの水素バリューチェーンパートナーとの緊密な協力を通じて、水素の生産、流通、消費が循環される水素事業の生態系を構築した」と述べた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP