韓国でのイメージセンサー特許出願数、昨年263件…1位サムスン、2位ソニー

韓国特許庁は9日、イメージセンサー関連の特許出願状況について発表した。

発表によると、2015年に190件であったCMOSイメージセンサーの特許出願数が、昨年は263件にまで増えていたことがわかった。
 
(参考記事:「サムスンが新たなモバイルイメージセンサ「ISOCELL GN1」を発表」)
(参考記事:「サムスンのイメージセンサ事業長「6億画素に挑戦」」)
(参考記事:「中国スマホで「代理戦争」、ソニーとサムスンのイメージセンサ」)
 
CMOSイメージセンサーは、低消費電力型のイメージセンサであり、スマートフォンなどのモバイル機器をはじめ、高解像度デジタルカメラや医療用画像機器、自動車監視カメラなどに広く使用される。

国別の内訳では、韓国人の出願が52.4%で、外国人の出願を上回った。

企業別では、サムスン電子が27.5%、日本のソニーが16.3%、SKハイニクスが11.5%、台湾TSMCが 7.2%と、これら4企業が全体出願の62.5%を占めた。

技術別では、(自動車分野の拡大に応じて)暗い場所でも効率的に動作させる技術が25%、(スマートフォンのカメラの高級化に応じて)シャープネスを向上させる技術が18%を占めたという。

ドローンと個人放送の増加に応じて、高解像度技術出願も14%を占めたとのこと。

ジョン・ヨンサン特許庁半導体審査課長は、「イメージセンサーは、AI、自律走行車、無人偵察機など第4次産業革命の重要な部分を占め、今後爆発的な需要が予想される」とし「核心部品の技術自立化のために継続的な研究開発と強力な知的財産権確保が必要である」と述べた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP