「サムスンの蘇州LCD工場、CSOTが買収」と韓国紙報じる

韓国メディア・チョソンビズ紙は29日、業界情報を基に、中国の家電メーカーTCLグループの子会社であるパネルメーカーCSOT(チャイナスター)が、サムスンディスプレイの蘇州LCD(液晶表示装置)工場を買収すると報じた。

同紙によると、関係者は「公式化されたわけではないが、CSOTが買収することで決定されたと聞いている」と述べたという。
 
(参考記事:「韓国企業、中国CSOTへの供給契約を相次いで公告」)
(参考記事:「サムスンへのLCD納品ねらう各国企業」)
(参考記事:「サムスンD、QDディスプレイの生産設備を搬入…LCDラインは売却公募」)
 
3月末、サムスンディスプレイは、LCD生産の年内終了と、来年からのQD(量子ドット)ディスプレイ事業へのシフト方針を明らかにしている。これにより、国内のLCD工場はQDの生産ラインに転換され、中国の蘇州LCD工場は現地パネルメーカーに売却されると予想されていた。

CSOTは当初から売却先として有力視されていた。CSOTの親会社であるTCLが、サムスン蘇州工場の株式10%を保有しているからである。 60%はサムスンディスプレイが、残りの30%は蘇州市政府がそれぞれ保有している。

同紙は、「今回の工場売却もある程度の収率を出せるよう技術サポートをしてくれる条件が含まれていると業界では見ている」と伝えた。

市場調査機関オムディアによると、CSOTは今年の生産能力基準で、世界LCD市場のシェア14%を占め、BOEに続き業界2位に上がると予想されている。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP