今年1~6月の世界EV電池シェア、LG化学が約25%占め1位

市場調査会社であるSNEリサーチ(韓国語版)によると、2020年上半期(1~6月)に販売されたグローバル電気自動車(EV、PHEV、HEV)搭載バッテリーの使用量ランキングにおいてLG化学が1位を維持したことが分かった。韓国勢では、サムスンSDIとSKイノベーションはそれぞれ4位と6位だった。

2020年1〜6月に、世界各国に車両登録された電気自動車のバッテリーのエネルギー総量は42.6GWhで、前年同期比23.0%減少した。主要市場である中国と米国市場が新型コロナウイルスによる影響で景気低迷が続く中、電気自動車の需要が引き続き減少したことによるものだ。
 

(画像:SNEリサーチ韓国語版に掲載された今年1~6月の電気自動車バッテリー使用量ランキング=SNEリサーチ提供)

 
LG化学は10.5GWhで前年同期比で82.8%の成長をみせ、市場シェア24.6%を占めた。順位も前年同期4位から1位に上がった。サムスンSDIは2.6Gwh、同34.9%の成長によりシェア6%をで4位となった。SKイノベーションは1.7GWh、同66%の成長を見せ、シェア3.9%で6位となった。

バッテリーメーカーの市場シェアを見ると、韓国3社のシェアが急増しており、これら3社のシェア合計が前年同期15.7%から34.6%へと二倍以上の成長をみせた。トップテンに入った企業のうち、韓国勢以外は前年同期比でマイナス成長となっている。2位CATLは-28.1%でシェア23.5%、3位のパナソニックは-31.5%で20.4%のシェアにそれぞれ留まった。

一方、2020年6月にグローバル電気自動車のバッテリーの使用量は、10.1GWhで、前年同期比20.3%減少した。新型コロナウイルスの影響が長期化し、米中ともに景気低迷から抜け出せないことが要因だ。ただ、欧州市場が6月に入ってから急反発を見せており、中国と米国も徐々に回復に進むことが予想される。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP