ソニーとサムスン、イメージセンサーのシェア差が40%→20%まで縮小

イメージセンサーをめぐるソニーとサムスンのシェアが縮小している。

3日、韓国経済新聞は市場調査会社オムディアの調査結果を基に、ソニーとサムスン電子の「CMOSイメージセンサー」のシェア格差が大きく縮小しており、昨年第3四半期56.2%まで上昇したソニーのグローバルイメージセンサーの市場シェアは、今年第2四半期(推定値)は42.5%となり13.7%下落したと報じた。一方で、同期間の世界第2位サムスン電子のシェアは16.7%から21.7%に、5%ポイント上昇したと伝えた。
 
(参考記事:「韓国でのイメージセンサー特許出願数、昨年263件…1位サムスン、2位ソニー」)
(参考記事:「中国VIVOのスマホ、サムスンの新型イメージセンサー搭載」)
(参考記事:「サムスンのイメージセンサ事業長「6億画素に挑戦」」)
 
これにより、昨年約40%まで広がったソニーとサムスン電子のCMOSイメージセンサー四半期のシェア格差は今年に入って約20%の水準まで縮小したことになる。

CMOSイメージセンサーは、カメラのレンズに入る光をデジタル信号に変え画像を生成する半導体である。主にスマートフォンに搭載され、最近は自律走行車やスマート工場などでも活用される。サムスンが昨年11月に発表した1億800万画素イメージセンサー「ISOCELL Bright HMX」がシャオミ(Xiaomi)やオッポ(Oppo)、ビーボ(Vivo)、モトローラの製品にも採用されている。

近年はSKハイニクスもイメージセンサー市場に乗り出している。
 
(参考記事:「SKがイメージセンサ新製品を発表。その名も「ブラックパール」」)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP