サムスンが「Galaxy Z Fold2」を部分公開…新たなヒンジ機能など強調

サムスン電子は6日、オンラインイベント「Galaxy Unpacked2020」において、「Galaxy Z Fold2」を公開した。昨年9月に出された「Galaxy Fold」の後継モデルとなる。ただし、具体的な仕様については公開しなかった。詳細は来月初めに明かされる予定だ。

現在確認できるのは、UTGベースカバーウィンドウや前面フルカバーディスプレイ(6.2インチ)、パンチホールタイプのメインディスプレイ(7.6インチ)、背面トリプルカメラのなどである。
 
(参考記事:「「Galaxy Z flip」のハイダウェイ・ヒンジ技術」)
(参考記事:「[特集]スマホのカバーウインドウ素材、プラスチックとガラスの変遷」)
(参考記事:「ギャラクシーZフリップ特殊保護フィルム、セギョン社が単独供給」)
 
サムスン電子は同イベントにおいて、「Galaxy Z Fold2」のヒンジとカバーウィンドウには、新たな構造を適用し、従来よりも性能が大きく改善されたと強調した。サムスン電子は「Galaxy Z Fold2は全く新しいヒンジ設計により、新しいフォルダブル経験と強化された耐久性を提供する」とし、「人の毛髪よりも細いUTGを適用し、ディスプレイの柔軟性と強度を同時に確保した」と説明した。

また、「Galaxy Z Fold2のディスプレイは、軟質層と硬質層との間の物理的な構造を再配置し、最適化されたディスプレイ層を形成し、厳格なテストを通じて低温と高温でもディスプレイの特性が柔軟に維持されることを確認した」とし、「特にヒンジは、従来のGalaxy Z Flipのように、複数の角度を維持することができるとともに、より薄くなった」と強調した。サムスン電子は既存のGalaxy Z Flipにハイドウェイヒンジ構造を適用している。

韓国メディアによると価格は前作より低くなると予想されている。

市場調査会社カウンターポイントリサーチは、「Galaxy Z Fold2」は今年、全世界で50万台売れると予想している。
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP