サムスンD、モバイル用フレキシブルOLEDで1位もシェア急減

サムスンディスプレイがモバイル用のフレキシブルOLED(有機発光ダイオード)パネル市場でのシェア1位の座を維持した。ただし、第2四半期の出荷台数が急減し、シェアも大幅に減少した。

11日、市場調査会社ストーン・パートナーズによると、サムスンディスプレイは、第2四半期(4~6月)に2,930万枚のフレキシブルOLEDパネルを出荷し、業界1位を記録した。
 
(参考記事:「モバイル用OLEDパネル市場、サムスンDがシェア90%台を維持」)
(参考記事:「中国BOEのフレキシブルOLED、サムスン「Galaxy S21」には不採用か」)
 
ただし上半期(1~6月)にサムスン電子の主力製品である「Galaxy S20」シリーズが販売不振だったことや、ファーウェイの「P40 Pro」へのパネル供給量も予想より減少したことから、出荷量が第1四半期(1~3月)より22.6%減少した。同期間の市場シェアは81.9%から63.2%へと低下した。

第3四半期には、Appleの「iPhone12」用パネルの出荷があるため、出荷量は回復するとみられる。ストーン・パートナーズは、サムスンディスプレイの第3四半期(7~9月)の出荷量を4000万枚以上と予想した。

2位を占めた中国のBOEは、第2四半期(4~6月)の出荷台数が1,130万枚となり、前四半期(390万枚)より188.7%急増した。 「P40」、「P40 Pro」、「HONOR30 Pro」、「nova 7 Pro」など、ファーウェイの上半期の主力モデルに対するメイン供給元を務めたことで出荷が大幅に増えたとみられる。市場シェアも24.4%と、前四半期(8.5%)に比べ大幅に増加した。

LGディスプレイは、第2四半期410万枚のフレキシブルOLEDパネルを供給し、8.9%のシェアで3位となった。シェアは第1四半期(1~3月/8.5%)に比べ小幅上昇した。続いて4位はVisionox(ヴィジョンオックス)、5位はCSOTが占めた。これらのシェアはそれぞれ1.9%、1.5%と集計された。

一方、サムスンディスプレイは、第2四半期(4~6月)にリジッド(フラット)OLEDパネル市場において90%という圧倒的なシェアを維持したことが確認されている。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP