SKハイニクスが自動車半導体生産に乗り出す

SKハイニクスが自動車用半導体の生産に乗り出しているようだ。

毎日経済新聞は11日、「SKハイニクスは昨年、開発・製造統括内に車両の半導体研究開発(R&D)を担当するオートモーティブ組織を新設した」とし、「これは、既存のマーケティング組織傘下オートモーティブチームに加え役員級R&D組織が新設されたものでカーメモリー半導体の開発およびマーケティングを本格化したということに意味が大きい」との業界情報を報じた。
 
(参考記事:「[特集]半導体関連の買収・投資を進めるSKグループ」)
 
SKハイニクスは、去る1月に米国ラスベガスで開催された世界最大IT展示会 「CES 2020」において、SKイノベーション、SKテレコムなど系列企業と共にモビリティに関するビジョンを提示し、車両の半導体市場攻略の意志を示していた。

同紙によると、SKハイニクスは、自動車の特性上、高度の耐久性が要求される車載用メモリ・ソリューションを提供するために、自動車、電子部品協会(AEC)で認証する車両用半導体信頼性試験の基準を満たすために総力を傾けているという。また、R&Dの段階から製造に至るまで、自動車業界と緊密に協力しているとのこと。その結果、主要電装部品企業にインフォテインメントシステム用半導体メモリを提供するなど、具体的な成果が現れているという。

シムデヨンSKハイニクスオートモーティブ事業担当は、「自動車に搭載されるメモリ半導体は乗員の安全のために予測可能な安定性と優れた品質を保証しなければならない」とし、「SKハイニクスは、このような市場の特性を考慮して、最高の性能と品質を追求しており、その結果、今年の自動車用半導体市場で大きな成果を上げている」と説明したという。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP