上半期の半導体世界トップ10企業、2社除きすべて売上増

12日、半導体の専門市場調査会社であるICインサイツによると、上半期の世界のトップ10半導体企業の販売額合計は1470億9300万ドルとなり、前年同期(1259億8000万ドル)に比べ17%増加したことが分かった。6位のブロードコムと9位のテキサスインスツルメンツ(TI)を除いて、すべての企業の売上高が増加した。

韓国のサムスン電子は、1位のインテル(389億5100万ドル)に比べ24%少ない297億5000万ドルと集計され2位だった。 SKハイニクスは、前年同期比13%増となる130億9900万ドルで4位だった。
 

(画像:半導体企業トップ10による実績=ICインサイツ提供)

 

台湾のTSMCは売上高207億1700万ドルで、ファウンドリ(半導体受託生産)企業のうち、唯一トップテンに入った。

中国のファーウェイの子会社であるハイシリコンは、第一四半期に初めてトップ10入りし、上半期ベースでも10位を記録した。ハイシリコンは2019年上半期に35億ドルであった売上高が今年上半期に52億ドルとなり、49%増加した。

ただし、ICインサイツは、「米国の制裁の後、ハイシリコンから受注を受けたTSMCは、5月15日まで注文を受け、生産は9月15日に中断される」とし、「ハイシリコンは近いうちに10位から押し出される可能性が高い」と分析した。

 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP