WTO選出馬のユ・ミョンフィ氏、独財団調査で好評価

世界貿易機関(WTO)の事務総長選に立候補している韓国のユ・ミョンヒ産業通商資源部通商交渉本部長が、事務総長候補資格評価で「トップ3」に入ったという評価が出ている。

韓国の通信社ニューシスによると、ドイツ·ベッテルスマン財団の「GED(Global Economic Dynamics)」プロジェクトチームは最近、ホームページに掲載した文章において、ユ·ミョンヒ本部長とケニアのアミナ·モハメド氏、モルドバのウリアノブスキー氏がWTO事務総長として、最も多くの資格要件を備えていると評価したと報じている。
 
(参考記事:「韓国がWTO事務総長選に候補を擁立…ユ・ミョンフィ通商本部長」)
(参考記事:「[特集]WTO提訴再開を表明した韓国政府と日本側の反応」)
 
1977年に設立されたベッテルスマン財団は、政治、社会、経済など全般にわたって公益的プロジェクトと研究を遂行する非営利機関であり、国際的に大きな影響力を行使しているとニューシスは伝えた。

GED側は、欧州大学研究所(EUI)がWTO加盟国代表団と通商官僚及び専門家など1092人を対象に最近行ったオンラインアンケート調査および、候補たちの履歴書内容を参考にそれぞれの競争力を分析したという。

EUIの調査では次期WTO事務総長が備えるべき重要要件として挙げられた▲組織管理の経験▲政治的経験▲経済学の教育程度▲WTO交渉の経験の4つに▲法学的知識▲公職の経験を加え、合わせて6つの資格を各候補がどれだけ満たしているかを評価したとのこと。

その結果、ユ·ミョンヒ本部長とアミナ·モハメド氏、トゥドル·ウリアノブスキー氏の3候補が、6項目のうち、経済学教育程度を除く5つの要件を満たし、トップ3に選ばれたとニューシスは伝えている。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP