サムスンがスマホ生産ラインを一部移設か…ベトナムからインドへ

サムスン電子がインド市場でのスマートフォンの生産を拡大するため、ベトナムの工場ラインの一部を移すという見方が出ている。

18日、チョソンビズ紙は、インド現地メディア報道などを基に、「最近、サムスン電子のインド法人は、今後5年間で、約400億ドル規模で、スマートフォンを拡大生産するという計画をインド政府に提出した」と伝えた。
 
現地メディアによると、サムスン電子は、インド現地でのスマートフォンの生産量を拡大するため、毎年約1億5000万台を生産するベトナムのスマートフォン工場の生産ラインの多くをインドに移す予定であると予想されたという。現在、サムスン電子が世界の工場で年間生産可能な携帯電話量は約3億2000万台とされる。

このうち、サムスン電子はインドのノイダ工場で毎年約1億台規模の携帯電話を生産している。チョソンビズ紙は「もし、ベトナムの生産ラインの一部をインドに移転する場合、インドの市場シェアをさらに引き上げることができると思われる」と伝えた。

市場調査会社IDCによると、サムスン電子は今年第2四半期、インドのスマートフォンとフィーチャーフォンを合わせた携帯電話市場で24%のシェアを記録し、中国のスマートフォンメーカーであるシャオミとVivoを抜き1位を奪還している。インドの携帯電話市場は、フィーチャーフォンが全体の40%前後の割合を占めている。
 
(参考記事:「インドのスマホ市場、サムスンがシャオミから1位を奪還」)
(参考記事:「[特集]インドのスマホ市場、中国製ボイコットで韓国製が躍進か」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、インドにスマホパネル工場建設か」)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

Load More...
TOP