サムスンのフォルダブルフォンに低価格化予想…次期作は900ドル以下か

チョソンビズは24日、「来年には、100万ウォン(約8万9000円)以下の価格帯のフォルダブルフォンを見ることができると思われる」とし、海外メディアSamMobileの報道を基に、「サムスン電子が、1000ドル(約118万ウォン、約10万6000円)未満のフォルダブルフォン製品の開発を準備していると」と報じた。

 
サムスン電子が、昨年販売した初代フォルダブルフォンである「Galaxy Fold」は293万8000ウォン(約26万円)、今年初めに発売された「Galaxy Z flip」は164万ウォン(約14万6000円)だった。フォルダブルフォンは新しいフォームファクター技術や機能などが搭載されるため、高価格となっている。来月発売予定である「Galaxy Z Fold2」は240万ウォン(約21万3000円)と予想されている。

チョソンビズは「サムスンが新しく開発中の製品のモデル番号はSM-F415だ」とし、「横軸ではなく縦方向に折りたたむクラムシェル(貝殻)デザイン形態のフォルダブルフォンと予想される」と伝えた。その上で、「価格は、サムスン電子が来年に発売するとされるGalaxy Z Fold2 Lightバージョンより安いと思われる」と言及した。Galaxy Z Fold2 Lightバージョンは900ドルと予想されている。

サムモバイルは「フォルダブルフォンの価格を下げればより多くの顧客が手にするようになり、600~700ドルが潜在的需要を増やすことができる」と分析したという。

市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、グローバルフォルダブルフォンの市場規模は、昨年の100万台から2025年には約1億台まで急増する見通しだ。

 
(参考記事:「発表間近の「Galaxy Fold2」と「Galaxy Z flip 5G」は前作と同価格か」)
(参考記事:「サムスン、UTG供給会社と関係強化。新契約とロイヤリティ」)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

Load More...
TOP