LG電子、家電販売など好調で今年営業利益30%超増加見込み…韓国証券社分析

キウム証券は9日、LG電子についての企業分析レポートを発表。今年の営業利益が31%増加するとの見込みを示した。

同証券のキム・ジサン研究員は、「(LG電子の)今年の営業利益が31%増加する見込みである」とし、コロナの影響で「家電とTV買い替え需要が増加して、健康、家電の競争力が高まり、コスト削減効果が大きい」と述べた。

続けて、「第3四半期もサプライズ実績が予想される」とし、「スマートフォンの米国シェア上昇の他に、損失を減らす意味のあるシグナルがみられる。来年には家電とTV好調でスマートフォンや自動車部品の赤字幅を大幅に削減する」と予想した。

キム研究員は、LG電子の第3四半期の営業利益を9,939億ウォン(QoQ 101%、YoY 27%)と予想し、市場コンセンサス(6,788億ウォン)を上回ると同時に、「第3四半期の過去最高実績を達成する見込みである」と述べた。

家電の売れ行きついては、「ビルトイン冷蔵庫、ウォッシュタワーなどの販売好調が印象的だ。歴代最長の梅雨によりエアコン販売不十分だったことよりも、ドライヤー、除湿機の販売増加がより肯定的だった」とし、「製品競争力の向上と先進国での販売増加で、平均販売価格が上昇基調」であると分析した。

TVについては、「北米の需要が急速に回復している中で、LGディスプレイの広州工場の稼動をきっかけにOLED TV出荷量が大幅に増え、製品Mix改善効果が大きいだろう」と述べた。続けて、「MMG工法ベースの48インチOLEDモデルの販売好調を注視する必要がある」とし、「下半期にOLED TV販売台数は130万台で、上半期に比べ2倍近くに増加する見込みである」と予想した。

スマートフォンについては「普及型のQ / Kシリーズを前面に打ち出し、米国でのシェアが上昇しており、ODMを活用したコスト改善活動を通じて、赤字幅を有意に減らしていく積極的なシグナルがみられる」と評価した。

自動車部品については、「完成車の需要回復、新規電気自動車プロジェクトの開始、ZKW黒字転換をもとに赤字幅を減らすことで、前年同期と同じ水準である」と述べた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP