韓国イメージセンサー企業、自動車向けパッケージ「NeoPAC Encap」を供給へ

韓国のイメージセンサーパッケージング専門企業であるアイエーネットワークス(IA Networks)は、車両用イメージセンサーのパッケージング技術により自律走行車の市場を攻略する。

同社は24日、新製品「ネオパックエンキャップ(NeoPAC Encap)」のサンプルモデルを主要顧客に供給したと明らかにした。同サンプルモデルは、自動車の前後センサー用だ。

ネオパックエンキャップは電装部品の信頼性評価規格「AEC-Q100」認証を取得した自動車向けのイメージセンサーパッケージだ。同社によると、既存の製品であるネオパックI(NeoPAC I)より一段階高い信頼性基準が適用された、独自の光学センサー(CSP Chip Scale Package)パッケージング特許技術であるという。

同社は、ネオパックエンキャップ、モジュールの小型化に最適化されたネオパック3D(NeoPAC 3D)技術をベースに、自動車、携帯電話、量子セキュリティ市場の攻略を強化している。今年QRNG(両者の乱数発生器)チップセットが搭載された世界初の量子セキュリティ5Gスマートフォン「Galaxy A Quantum」に技術を提供するなど、様々な分野で商用モデルの開発を進めている。

同社の関係者は、「今回のネオパックエンキャップのサンプル供給を皮切りにし、自動車向けのイメージセンサーパッケージの供給が本格化するものと見られる」とし、「今年下半期、本格的な製品の量産に入る計画だ」と語った。続いて「市場内の自動車の香り高信頼性パッケージで認証された製品が極めて珍しく、今後、自律走行車ADAS(先進運転支援システム)に活用されるセンシングカメラなどにも本技術が拡大適用されるものと予想している」と述べた。

同社は、グループ関連会社のアイエー社との間で、自律走行に関する国策課題も進めているという。カメラベースの人工知能システム、MEMS(微小電子機械システム、Micro-Electro-Mechanical System)ベースの赤外線センサーチップの開発によって、車両用製品を拡大して顧客の多様化する計画であるという。
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP