「テスラがLG化学のバッテリー新会社株式を最大10%取得も」韓国専門紙

米テスラが、LG化学のバッテリー事業を分社化して設立される「LGエナジーソリューション」(暫定名称)の株式取得を模索しているという。

韓国メディア・オートデイリー紙は29日、業界情報を基に、「テスラがLGエナジーソリューションの株式を最大10%まで買収する案を模索していることが分かった」とし、「これは信頼性の高いバッテリー供給を確保するためのものと解釈される」と報じた。

テスラのイーロン・マスクCEOは22日(現地時間)、米国フリーモントで開催された年次株主総会および「バッテリデイ」において、電気自動車の低価格化のため電気自動車バッテリーの内製化を行う方針を明らかにしていた。

テスラは昨年、バッテリーセルの技術を持つマクスウェルテクノロジーとカナダのバッテリーメーカーであるハイバーシステムズを買収している。しかし、独自のバッテリーの生産を本格的に進めるには、まだ多くの時間が必要であるとの見方も強い。

オートデイリー紙は、「独自のバッテリーの生産を本格的に進めるまで、テスラは、安定的なバッテリー供給のために、LG化学、パナソニック、CATLなどのバッテリーメーカーと引き続き協力しなければならない」とし、「このような理由から、テスラがLGエナジーソリューションの株式の一部を取得する方法を模索する」との見方を示した。

同紙によると、「テスラはCATLのバッテリーを中国向けモデル3の基本的なモデルであるスタンダードレンジプラスにのみ適用し、上位モデルであるロングレンジと最上位モデルであるパフォーマンスはLG化学が供給するバッテリーを搭載する」と伝えている。
ネルギーソリューション(仮称)を公式に発足する予定である。

新法人は、LG化学が株式100%を有することになる。新設法人のIPO(株式公開)は、具体的に明らかにされたものはないが、今後継続的に検討していく予定だとLG化学は説明した。
 
(参考記事:「LG化学がEV電池部門の分社化を正式発表…12月に新法人発足」)
(参考記事:「LG化学の今後の見通しを読む(電池事業)…カンファレンスコールから」)
(参考記事:「イーロン・マスク「LG·パナソニック·CATLのバッテリー購入を増やす」」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP