韓国LG電子による巻き取れるスマホ「ローラーブルフォン」、中国BOEと共同開発で来年初公開か

LG電子が、中国のディスプレイメーカーBOEと協力し、(巻き取ることができる)ローラーブルスマートフォン発売のための準備に入ったようだ。

ZDNet Koreaは1日、ディスプレイ業界の情報を基に、「LG電子が来年初めに、次世代スマートフォンとして、画面をくるくる巻き取ることができるローラーブルフォンを発売する予定である」と報じた。同紙によると、同製品の重要なパーツとなるディスプレイについては、中国BOE社のフレキシブル有機発光ダイオード(OLED)パネルを使用するという。同情報について今年7月ごろにも報じられていた。

同紙によると、業界関係者は、LG電子は傘下のLGディスプレイを通じてフレキシブルOLEDパネルの調達が可能であるが、コスト削減のため中国企業を選択したと述べたという。その際に、BOEとCSOTが供給を打診し、最終的にBOEが選ばれたとのことだ。

LG電子のローラーブスマートフォンは、巻物のように、画面を右に広げると巻き込まれたディスプレイが広がる形になると伝えられている。

LG電子は先月15日、自社の画面旋回式スマートフォン「LGウイング」の公開イベントにおいて、「息を殺して待ってください(Hold your breath)」というフレーズとともにローラーブスマートフォンの画像を公開していた。ZDNet Koreaによると、業界では、LG電子が来年2月に開催される展示会「MWC 2021」で、同製品を披露するとの予想が出ているという。
 

(画像:LGの画面旋回式のスマートフォン・LGウイング=LG電子提供)
 
(参考記事:「LGが世界初の「ローラブルフォン」開発か…中国BOEと共同で」)
(参考記事:「LGがスマートフォン戦略を再編か」)
(参考記事:「LGがスマートフォン戦略を再編か」)
 

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP