ヒュンダイが3.4兆ウォン追加引当金で赤字転落へ…品質不安など払拭狙う

韓国ヒュンダイ自動車(現代自動車)および同傘下の起亜自動車が、今年第3四半期(7~9月)の決算で、自社のエンジンに対し巨額の追加引当金を積み立てるようだ。消費者の品質不安を和らげることに目的があるとみられる。
 
ヒュンダイのEV車がまた炎上…創業一族の会長就任から4日後
 
ヒュンダイと起亜は、それぞれ2兆1352億ウォン(約2千億円)、1兆2592億ウォン(約1200億円)の品質関連費用を今回の第3四半期決算において引当金に充当すると19日公示した。両社は、公示において、「第3四半期の業績に追加引当金設定と顧客の保護措置のための品質コストを反映する予定だ」と説明した。また、「根本的な改善策の用意とプロセスの革新を通じて、品質問題の再発防止に焦点を当て、消費者の信頼回復に最善を尽くしたい」と強調した。

両社は同日、アナリストを対象に説明会を開いた。韓国経済新聞は(20日)は、「公式業績発表(26日)に先立って市場の影響を最小化するためのものと見られる」とし、「証券業界は、ヒュンダイ自動車の第3四半期の営業利益が1兆ウォンを超えるものと推定していたが、今回の引当金を反映すると赤字に転換する可能性が大きい」と伝えた。

両社は、2018年第3四半期に4600億ウォン、2019年第3四半期に9200億ウォンと、二度にわたって同社エンジン(シータ2 GDIエンジン)のリコール関連引当金に充当している。

韓国経済新聞は、「今回の措置により、(エンジンの)品質論議にピリオドを打ちたいようだ」と伝えている。

ヒュンダイは「シータエンジン」搭載の車両47万台をリコールした。 2017年に韓国で約17万台、米国で約130万台を対象にリコールを実施した。
 
(参考記事:「ヒュンダイのEV火災事故、LG化学のEV電池に原因も…中国では「Kバッテリー」批判報道」)
(参考記事:「フォード・現代・BMW…韓国製バッテリーを積むEV車が炎上…何が原因か?」)
(参考記事:「韓国の現代自動車、来年中に2000台の水素電気トラックを供給へ…世界に展開」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP