エリクソンが米でサムスンを提訴…特許契約違反で 前回の訴訟ではサムスンが680億円支払う

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが、米国でサムスン電子を相手に特許ロイヤリティに関する訴訟を提起した。ロイター通信など外信が11日報じた。
 
(参考記事:「サムスンを米ITCが調査へ…イメージセンサー特許めぐり米企業が提訴」)
 
ブルームバーグ通信は、エリクソンは、サムスン電子が契約上の約束をいくつか違反したと主張していると伝えた。今回の訴訟は、米国テキサス州の連邦東部地方裁判所に提起された。

エリクソンは、サムスン電子との特許料交渉が相当期間遅延されるとの予想から、特許料の未払いと訴訟進行費用などで来年第1四半期(1~3月)に10~15億クローネ(124億円~180億円)ほどの損害が発生することから、FRAND(公正、合理的かつ非差別的な)原則を尊寿していないとの主張だ。

ロイター通信が引用したLiberumのアナリスト、Janardan Menon氏によると、エリクソンの特許ポートフォリオからのロイヤルティは、2021年の営業利益予想290億クローネ(34億ドル)の約3分の1を占めると予想されています。今回の訴訟により、四半期あたり約20%の利益が削減される可能性があるとMenon氏は述べている。

サムスン電子の広報担当者は、これに対して訴状を受け取った後に検討し、適切な対応をとると述べたとロイターは伝えた。

エリクソンは、2012年にも特許侵害の疑いでサムスン社を相手取り訴訟を起こしている。外信によると、同訴訟ではサムスンが6億5,000万ドル(約680億円=現在レート)を支払い、ロイヤルティの滞納分を清算したことで解決したと伝えられる。
 
(参考記事:「韓国の国際特許が増加、日本はマイナス…今年1~10月のPCT出願増加率」)
(参考記事:「韓国でローラーブルタッチスクリーンの特許出願急増…サムスンやLGに集中、住友は6位」)
(参考記事:「JOLEDがサムスン電子を提訴…有機EL特許めぐり」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP