「タイカンはモデルSよりコスパが悪い?」韓国でポルシェEVが不評の理由

ポルシェのEVモデル「タイカン」が韓国で不評であるとの報道が出ている。テスラの「モデルS」に比べ価格が高いにも関わらず、走行距離が短いなどコスパの面が槍玉に挙がっているようだ。
 
(参考記事:「韓国の起亜自動車「ニーロEV」が英国で1位に…10月の電気自動車市場」)
 
ポルシェ・コリアが先月発売した「タイカン(Tycan)」は、4ドアスポーツセダンで、タイカン4Sとタイカンターボ、タイカンターボS の3種類で構成されている。

ポルシェタイカンの韓国での販売価格はエントリーモデルであるタイカン4Sが1億4,560万ウォン(約1,368万円)。タイカンターボが1億9,550万ウォン(1,836万円)、タイカンターボSが2億3,360万ウォン(約2,194万円)である。日本での販売価格より低く設定されているが、決して安くはない。

韓国のオートデイリー(23日)によると、発売前は韓国でもタイカンは「爆発的な関心を集めていた」が、「ポルシェ・コリアが(韓国政府に)電気自動車の購入補助金の申請もしていないにも関わらず、約2年分の契約がすべて完了するほど反応が熱かった」と伝えている。

しかし、走行距離がネックになった。韓国エネルギー公団によると、ポルシェタイカン4Sの韓国内走行可能距離はパフォーマンスバッテリープラス基準で289kmと認証された。これは、ヨーロッパWLTP基準で認証された463kmより174kmも低い。ここから「タイカンの大変な苦労が始まった」とオートデイリーは指摘する。ポルシェ・コリア側は、その国の運転習慣や地形などによって走行距離差が出るとの説明だが、走行距離が37%もダウンするというのは印象が良くない。

オートデイリーは、「テスラより価格が高く走行可能距離が低いのに購入する理由がない」などの消費者の声を紹介し、よりコストパフォーマンスに優れたテスラの「モデルS」と比較。モデルSロングレンジが1億799万ウォン(約1,014万円)、モデルSパフォーマンスが1億3,299万ウォン(1,248万円)であり、走行距離はそれぞれ487km、480kmであり、タイカンよりもコスパが高くなっている。

とはいえ、ポルシェは高いブランド価値を持つことから、ロイヤリティの高いユーザーには問題にならないのかもしれない。
 
(参考記事:「[特集]世界の電気自動車産業の趨勢と韓国の課題…スタンド数・政府支援など脆弱」)
(参考記事:「ヒュンダイがEV車の韓国販売中止か…火災で事態が悪化 しかし欧州では継続?」)
(参考記事:「韓国でテスラ乗員の死亡事故受け、安全性に疑問噴出…「電気が切れるとドアが開かない」」)
 
(写真:ポルシェのタイカン=ポルシェ)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S23 ultraの色やエッジは? 「薄くなって平らになる」

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  7. 7

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP