米当局、サムスンの有機EL技術を特許侵害疑いで調査…「特許怪物」の訴え容れる

米国国際貿易委員会(ITC)が、サムスン電子、サムスンディスプレイ、中国BOEなどを対象に提起されていた有機発光ダイオード(OLED)技術の特許侵害の疑いについて調査を開始することを決定した。
 
(参考記事:「サムスンが半導体特許を侵害? コアビジネスを狙い撃つ「特許怪物」」)
 
米国国際貿易委員会は、去る27日(現地時間)、サムスン電子、サムスンディスプレイなどのOLED特許侵害関連の調査を決定した。

韓国メディアなどによると、ITCは27日(現地時間)、サムスン電子とサムスンディスプレイ、BOEなどについて提起されたOLEDディスプレイデバイスとコンポーネントについて、米国関税法337条違反の調査を決定したと発表した。具体的な調査対象は、BOEの北京本社と米国法人など3カ所、サムスン電子本社と米国法人、サムスンディスプレイ本社などである。

先立って昨年12月28日、アイルランドの企業「ソラスOLED」は、これらの企業が、自分たちが保有するOLED関連特許を侵害して、米国関税法337条に違反したと主張しITCに提訴した。米国関税法337条現地での商品の輸入、販売と関連した特許、商標などの侵害による不公正行為を取り締まる規定である。ソラスOLEDが問題視したOLEDディスプレイ技術は、サムスンのスマートフォンである「Galaxy S20」やタブレットPC製品などに適用されている技術だ。

ソラスOLEDは2016年3月、アイルランドのダブリンに設立された特許専門の管理会社(Non Practicing Entity・NPE)である。個人や他の企業からの特許技術を買収した後、世界各地で特許侵害訴訟を提起し、莫大なロイヤリティーを稼ぐ「パテント・トロール(Patent Troll)」の一つだ。最近、サムスンやLGなどが訴訟の標的となっていた。
 
(参考記事:「サムスンが米国で訴えられた件数が非米系企業で1位に…JOLEDや「特許怪物」も含む」)
(参考記事:「エリクソンがサムスンへの特許侵害訴訟を拡大…再燃する対立」)
(参考記事:「ソニーとLGが有機EL技術の侵害で敗訴…相手は欧州の「特許の怪物」」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP