韓国企業が独ヘンゾルトに「ミサイル警報受信機(MWR)」供給…15年に国産化

韓国の航空防衛企業である「ヒュニードテクノロジーズ」(Huneed Technologies)が、独ヘンゾルト(Hensoldt)社との間で、ミサイル警報受信機(MWR:Missile Warning Receiver)のコアモジュールおよび完成品の供給契約を締結したと24日に明らかにした。
 
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、韓国軍のK2戦車生産受注…欧州輸出も企図か」)
 
韓国メディアなどによると、2015年にヒュニードが国産化したMWRは、ヘリコプター前後方に装着される航空電子部品であり、地上から発射された敵のミサイルから放出される排気熱耐紫外線(UV)を即座位に検出し、これをパイロットに知らせることで、最短時間での回避を可能にするハイテク電子装置である。

ヒュニードは今回の契約締結により、約30億ウォン(約2.9億円)規模となるMWRコアモジュールおよび完成品を2022年までにヘンゾルト社に供給することになる。

ヒュニードは過去2015年に、ヘンゾルト社の前身であるエアバスディフェンス・アンド・スペース(Airbus Defence and Space)社と「防衛事業庁折衷交易()Offset)プログラムを結び、韓国型機動ヘリ(スリオン)に装着されるMWRの国内生産契約を締結し、現在までに供給している。今回の契約まで含めるとヒュニードは合計140台の航空機にMWR完成品を供給する。

シ・ンジョンソク=ヒュニード代表取締役は、「今回の契約は、ヘンゾルトとの長年の信頼と協力に基づいて、PCB部品の生産から完成品の最終組み立てとテストまで、すべてのプロセスを完全に構築した結果である」と述べ、「ヒュニードは今後も航空電子先進技術を継続的に確保し、輸出販路を拡大するために、さらに努力していく予定」と明らかにした。
 
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、韓国軍に自律走行車供給へ…リモート射撃や追跡が可能に」)
(参考記事:「サムスン開発の軍事用スマホモデル「Galaxy S20 TE」、米軍に続き韓国軍でも採用へ」)
(参考記事:「韓国軍事企業が5G利用で無人車両開発を促進…走行や射撃をリモート化」)
 
(写真:iStock)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP