韓国SKグループが日本に投資会社設立か…半導体素材や部品企業の買収推進で

SKグループが日本の半導体関連企業買収や環境関連投資のために4,000億ウォン(約388億円)を共同で出資することが分かった。日本の対韓国輸出規制(輸出管理強化)による素材調達上のリスクにも対応した措置とみられる。
 
(参考記事:「韓国SKグループがEV用半導体市場への進出を発表…SiCパワー半導体企業を買収」)
 
複数の韓国メディアによると、グループ持株会社であるSK(株)、SKシルトロン、SKマテリアルズ、SKCは、各1,000億ウォン余りを出資して計4,000億ウォン規模の投資会社「SKジャパン・インベストメント」を設立すると報じられている。

SKジャパン・インベストメントは、素材や部品サプライヤーの買収を推進するとみられる。日本現地での共同投資家も募る可能性があるとされ、その場合、総投資額は4,000億ウォンを上回ることになる。

SKシルトロンは韓国唯一のシリコンウエハ製造企業であり、SKハイニックスやサムスン電子に納品している。 2019年の日本の輸出規制の後、デュポン社のシリコンカーバイドウエハ部門を買収した。SKシリコンは、日本でも関連技術企業への投資・買収を進めるとみられている。

SKマテリアルズは日本のトリケミカル研究所、昭和電工、JNCとそれぞれ合弁会社をすでに設立しており、日本企業とのさらなる協力などを進めるとみられている。

SKCは、半導体ブランクマスク工程で、今年から製品を生産する予定である。半導体用ブランクマスクは、現在の日本への依存度が90%に達していることから、関連技術の吸収をしたいものとみられている。

SKグループは韓国財閥企業のなかでも、M&Aに最も長けているとの定評があり、今後の展開が注目される

 
(参考記事:「韓国SKグループ「米プラグパワーへの投資後5日で2兆ウォン含み益」」)
(参考記事:「[特集]半導体関連の買収・投資を進めるSKグループ」)
(参考記事:「[特集]フッ化水素を内製化したSKグループ、半導体事業でさらなる動きも」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP