韓国財閥大手ハンファ、半導体装備事業に参入か

ハンファが韓国の大企業としては半導体装備事業を推進することが分かった。

7日、ニュース1によると、「最近ハンファグループは半導体装備事業に進出するため㈱ハンファ内に関連組織を整備している」とし、「このため現在、半導体装備に関連した専門人材も採用していることがわかった」と報じた。

特に半導体製造過程のうち、蒸着プロセスに関連した装備事業を準備中であることが伝えられた。蒸着とは、半導体ウエハーの上に薄い膜を付着させ、いくつもの層のウエハーが重なっても互いに影響を与えないようにする作業で、半導体チップを作るために欠かせない過程だ。

今回の事業進出は、機械事業を保有するハンファがこれまで設備を受注しながら内在化した技術を半導体装備に適用できると判断し推進されたという。

特に㈱ハンファのグローバル部門では、半導体の蒸着・洗浄用素材などとして使われる硝酸をすでに生産しており、相対効果が期待できるという点も一つの背景となった。系列会社であるハンファエアロスペースの子会社ハンファ精密機械でも、半導体など専門化された産業用装備を研究開発している。

ニュース1によると、今回の事業は、ハンファグループのキム・スンヨン会長の長男であるハンファソリューションのキム・ドングァン代表も関心を持って進めていることが伝えられた。現在、キム代表は㈱ハンファ戦略部門長を兼任している。
 
(参考記事:「韓国ハンファQセルの日本法人、ジニーエナジーを買収…日本市場で足固め」)
(参考記事:「韓国ハンファが硝酸生産を拡大…半導体洗浄などで活用」)
(参考記事:「韓国ハンファ、米個人航空機オーバーエアを買収…エアタクシー参入へ布石」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP