「CATLが15分充電400km走行の急速充電技術開発」中国メディア

中国の電気自動車のバッテリー企業CATLが急速充電技術を開発した。

21日、中国官営CCTVはCATLが15分の充電後400kmを走行することができる高速充電技術を開発し、高速充電時代を開いたと報じた。

これまでの電気自動車の充電時間と困難などの問題を解決するのに役立ち、電気自動車の普及を一層後押しするとCCTVは予想した。

また、CATLが、このバッテリー密度など航続距離のための重要な技術を開発したとも伝えた。

CCTVは、過去10年間、CATLの研究者が、これまでのバッテリーの内部の化学成分をアップグレードして、バッテリーパックの密度を二倍以上の高めながら、バッテリーの最大航続距離を従来の200kmから700kmに高めたと説明した。

CATLは、バッテリセルモジュール構造をなくし、直接バッテリーセルを集積することで、バッテリーのエネルギー密度も20%高めた。

バッテリーの生産工程で60mm電解槽の平均厚さを0.1mm以内に制御することができたことも重要な進展と付け加えた。これにより、最大航続距離を1000km以上に増やしたとCCTVは伝えた。

このような努力に基づいて、15分の充電で400kmを走行することができる技術の目標も成し遂げたと説明した。

CCTVによると、CATLは昨年末までに、すでに累積2969個の中国内の特許と248の海外特許を出願してたという。
 
(参考記事:「世界EV電池市場、2・3月はLGが1位か…1~3月集計ではCATL1位」)
(参考記事:「EV電池1位の中国CATL、コンゴのコバルト鉱山を買収」)
(参考記事:「韓国ヒュンダイの8600億円EV電池入札、中国CATLが受注した背景」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP