韓国で電気車走行中の無線充電特許出願が299件に 2018年以降急増

韓国で、電気自動車が道路を走行しながら充電する「無線充電道路」に対する特許出願が大きく増えた。

21日、特許庁によると、2010年から2019年までの10年間、電気車走行中の無線充電特許出願は計299件に達し、2010年の10件から2018年には42件と3倍以上に増えたと発表した。

技術別では、道路と電気自動車のコイル位置を一致させる送受信パッド技術169件(56.6%)、停車していない車両の充電をモニタリングして課金を処理する技術60件(20%)、電気磁場の放出ガイド(磁気遮蔽低減)技術36件(12%)、コイルの間から金属などの異物を感知する技術34件(11.4%)が出願された。

韓国人の出願が全体件数の89.2%(267件)を占め、外国人は10.8%(32件)にとどまった。

ヒュンダイ自動車(46件)、LG電子(7件)、韓国科学技術院(12件)など大企業と研究所が58%(178件)で出願を主導しており、エドワン(8件)、グリーンパワー(6件)など中小企業の割合が25%(77件)だった。

外国人出願はクアルコム(11件)、オークランド·ユニシビシズ(5件)など、米国が多く、日本のトヨタも2件を出願している。

特許庁電気審査課のチュ·ヒョンソク審査官は「無線充電道路は電気車だけでなく無人宅配ドローンなど多様なモビリティの充電手段に拡大するとみられる」とし「電気車市場の局面転換要素(ゲームチェンジャー)で特許確保競争が激しくなるだろう」と述べた。

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

「半導体ジレンマ」に陥ったユン政権…「チップ4」回答は先送りの見通し
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080105/

サムスンSDI、2Qは営業利益初の4000億ウォン突破…過去最大の業績を達成
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080104/

SKハイニックス「238段NAND」来年上半期量産へ…業界最高の収益性目標に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080103/

サムスン電子、Galaxy Z4にサムスンSDI、LGエナジー、ATLバッテリー搭載へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080102/

台湾に押された韓国の1人当たりGDP、国家競争力も劣っているとの分析に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080101/

Load More
TOP