SKハイニクス、M16工場に約782億円規模の設備投資を断行か

SKハイニクスがM16工場に8000億ウォン(約782億円)規模の設備投資を断行するとの報道が出ている。 M16は2月に竣工されたSKの最新半導体工場であり、極紫外線(EUV)工程を利用したメモリの生産を準備してきた。

28日、ETNEWSは、「SKハイニクスは今年の下半期M16に12インチウエハ投入量基準月1万8000枚(18K)規模の設備を備える計画だ」とし、「第3四半期8000枚(8K)、第4四半期1万枚(10K)をそれぞれ投資し、国内外の機器パートナーと詳細日程などを協議したことが分かった」と報じた。

同紙によると、金額的には、約8000億ウォンに達する規模であるという。

ETNEWSによると、業界関係者は、「SKハイニクスが下半期M16に18K規模を投資する方針」とし「機器の購入を協議していると聞いている」と述べたという。

投資は、2022年に計画された投資分の一部を前倒し執行するものであるされる。

京畿道利川に位置するM16は2018年11月に着工以来、合計3兆5000億ウォン(約3442億円)、延べ334万人を投入して、25ヶ月ぶりに竣工したSKハイニクスの最新工場である。 SKハイニクスとしては初めてEUV露光機を導入した。
 
(参考記事:「ムーディーズがSKハイニクスの格付けを引き下げ方針 SKグループ内の組織改変受け」)
(参考記事:「「SKハイニクスの8インチファウンドリ増設案、20~30KのCapa増設は可能」韓国証券社」)
(参考記事:「韓国企業が「半導体用高温ヒーター」を国産化…SKハイニクスとMOU締結」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP