ソウル半導体「米裁判所、自社の特許12件侵害を認める判決」

ソウル半導体は1日、米国ニュージャージー州地方裁判所が自動車部品流通網を通じて販売している13個の自動車照明ブランドLED製品について、ソウル半導体の特許12件を侵害したことを認めて永久販売禁止判決を下したと明らかにした。ワイカップ技術に関する販売禁止判決は2019年10月フィリップスTV販売禁止に続き、2回目の判決である。

ワイカップ(WICOP)技術は、ワイヤボンディングとパッケージを使用せずに小型で薄型のレンズ構成に容易にコンパクトに設計されており、長寿命、熱伝導率に優れたソウル半導体の特許技術である。同技術は、ソウル半導体イ・ジョンフン代表取締役が、2015年に中国の上海インターコンチネンタルホテルコンベンションルームにおいてグローバル記者を招待し新商品発表会見をした技術で、パッケージングまたはPCBアセンブリ工程で直接実装が可能し、既存のバーチカルチップよりもパッケージサイズが12分の1まで小さくなりLCD Displayのスリム(薄)光源とヘッドランプのスリムレンズデザインが便利な構造だ。

ソウル半導体の創業者であるイ・ジョンフン代表取締役は、「公正な競争が私たちの生活を輝かせるが、若者と中小企業の希望である知的財産が蒸すまれ、特許侵害製品が、よく知られている企業でも黙認され使用されているということは、非常に悲しいことである」とし、「知的財産は(経営が)難しい中小企業や若い創業者が生存し、階層間の移動を可能にするはしごであると同時に、知的財産権が尊重される大学に財政支援して研究する学生には奨学金、生活費支援が可能となり、大学と学生の研究開発活動がより活性化される好循環になることができる」と述べた。
 
(参考記事:「ソウル半導体、米オニキスへの特許侵害訴訟で勝訴」)
(参考記事:「ソウル半導体、仏INRAEに自然光LED照明「サインライク」供給」)
(参考記事:「ソウル半導体がまた勝訴、今度はドイツのフィリップス代理店を相手に」)

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Galaxy S22FE、発売しない見通し…2年ぶりに「生産中止」観測
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062401/

Load More
TOP