サムスン電子、ウォーカーヒルに「ザ·プレミア」体験ゾーン「フォレストシネマ」を運営

サムスン電子がウォーカーヒルホテル&リゾートと提携し、プレミアムビームプロジェクター「ザ·プレミア(The Premiere)」を体験できる「フォレストシネマ」を12日にオープンする。

フォレストシネマはウォーカーヒルホテル&リゾート内の宿泊客専用野外ピクニック空間の「フォレストパーク」に造成され、今年末まで運営される。

サムスン電子は「フォレストパーク」共用空間とテント2カ所にさらにプレミアを設置して宿泊客が都心でピクニックを楽しみながらこの製品が実現する卓越な画質と色感を直接体験できるようにした。

ザ·プレミアは、最大130型の超大型画面と4Kの高画質で家の中を映画館にしてくれるプレミアムプロジェクターだ。

この製品(ザ·プレミア第9シリーズ)には光の3色をそれぞれ違うレーザー光源として使用する「トリプルレーザー」技術で豊かで正確な色の表現が可能で、最大2,800アンシルメンの明るさを実現し、真昼でも鮮明に映像を鑑賞できる。

「ザ·プレミア」はスマートテレビの機能も支援し、OTTサービスで多様なコンテンツを思う存分楽しむなど、ワンランク進化した視聴経験を提供する。

「フォレストシネマ」にはザ·プレミア専用のローラーブルスクリーンも設置された。 ローラーブルスクリーンは、別途の設置なしで自動的に広がり、空間の制約を受けずに使用でき、光の反射率を極大化し、より良い画質でコンテンツを鑑賞できるようにしてくれる。

サムスン電子は「フォレストシネマ」体験客を対象にした特別特典も提供する。 「ザ·プレミア」と「ローラーブルスクリーン」を購入する際、両製品を簡単に一緒に設置できる現代(ヒョンデ)リバート家具場、ピザヒル外食商品券などの無料バウチャーが提供される。

サムスン電子のファン·テファン韓国総括専務は「最近ホームエンターテイメントの需要が増えたことで、ザ·プレミアに対する消費者の関心が熱い」とし「今後もサムスン電子のライフスタイルテレビを体験できる消費者接点を積極的に拡大していく」と述べた。
 
(参考記事:サムスン電子、ホームシネマプロジェクター「ザ・プレミア」公開
(参考記事:サムスンディスプレイ、OLED技術による温室効果ガス排出削減をアピール
(参考記事:サムスンディスプレイ、低電力OLEDを中国オッポなどに供給

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP