韓国正極材メーカーが活発な動き K-バッテリー戦略に呼応も

韓国のバッテリー素材企業の動きが目立っている。

今月8日、ポスコケミカルは慶尚北道(キョンサンブク・ト)および浦項市(ポハン・シ)との投資協約式を行った。 来年から浦項市(ポハン・シ)の迎日湾(ヨンイル・マン)4一般産業団地内の12万平方メートルの敷地に年産6万トン規模の正極材生産ラインを建設する予定だ。

国内正極材1位のエコプロビーエムは7日、海外工場の構築を予告した。 2021年下期に4000億ウォン(約385億円)前後の有償増資を進める方針だ。 敷地として、米国や欧州など複数の地域を検討している。

コスモ新素材は今年1月に完成した忠清北道(チュンチョンブク・ト)忠州(チュンジュ)にある第3工場の稼動が迫っている。 同工場は今年3月、試作品生産に突入し、最近、ライン承認を終えた。 正常稼動時、コスモ新素材の正極材の生産能力は年産2万トン水準に増える。

エルアンドエフも新規投資を行った。 今年5月に880億ウォン(約85億円)規模の施設投資を断行すると発表した。 昨年11月(2100億ウォン、約202億円)以降6ヵ月ぶりに行われた増設だ。 正極材12万~15万トン出荷対応が可能な物流倉庫も新設する。 来年中半期の竣工目標だ。

8日、ムン・ジェイン大統領はLGエナジーソリューション忠清北道梧倉(チュンチョンブクド・オチャン)の2工場を訪問し、「K-バッテリー発展戦略」を公開した。 ▲毎年1100人以上の専門人材を養成▲研究開発(R&D)費用の最大40~50%および施設投資を最大20%減税などの内容が盛り込まれている。正極材メーカーもこの動きに乗る構えだ。

 
(参考記事:[特集]韓国大統領がバッテリー戦略について報告 「第二の半導体に」(全文)
(参考記事:ポスコケミカルが韓国で年産6万トン規模の正極材工場を新設…国内生産量が16万トン規模に
(参考記事:韓国エコプロビーエム、132億円で正極材工場を増設…需要増に対応

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP