サムスン、ベトナムにマイクロLEDテレビの生産ラインを構築か

サムスン電子がベトナムにマイクロ発光ダイオード(LED)テレビの生産ラインを増設する。 現在運営している110インチラインのほか、99·88·76インチテレビを作ることができる設備を構築する。

13日、ETNWSによると、サムスン電子はベトナムに位置するマイクロLEDラインの増設に着手した。 会社は複数企業に装備発注を出しており、今年第3四半期中に設備を構築する予定だという。

今回の発注は99·88·76インチマイクロLEDテレビを生産するための設備投資であるとのこと。

ETNWSによると、サムスン電子の事情に詳しい業界関係者は、「現在110インチの量産ラインしかないが、今回の増設を終えれば、99·88·76インチの製品を生産できるようになる」と説明した。

マイクロLEDテレビはサムスン電子が次世代テレビとして育成している製品だ。 マイクロメーター(㎛)サイズの超小型LEDを画素として使用し、従来のディスプレイに比べて明るさ、明暗比、カラー再現力、ブラックの表現などが優れている。 視野角度も優れている。 サムスン電子は企業間電子商取引(B2B)市場を狙った146インチと家庭用110インチ製品を発売し、ラインアップの拡大と販売の本格化に向けて増設に着手したものとETNWSは分析した。
 
参考記事
サムスンが「TV最終兵器」マイクロLED TVを家庭用で発売…110インチ1630万円
LG電子がマイクロLEDサイネージを発売開始
サムスンがマイクロLED「ザ・ウォール」の体験ゾーンを開設

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP