サムスン副社長、メモリ製品の競争力に自信 カンファレンスコールで発言

サムスンのメモリ担当副社長が自社のメモリ製品の競争力について自信を覗かせた。

韓国メディアなどによると、ハン・ジンマン=サムスン電子メモリ部門副社長は29日、第2四半期の業績発表後のカンファレンスコールにおいて、「サムスンは、シングルスタック方式で128段を上げ、業界最高のエッチング技術を確保し、今ではこれをどのように効率的に積み上げか、その時点と方法についての悩みがより重要になった」とし「言い換えれば、今は段数だけに集中するよりも、そのように積んだ高さが効率の面やコスト面でどのように競争力があるのかが、サムスンが現在集中しているポイント」であると述べた。

続けて、ハン副社長はDDR5などDRAMコスト競争力についても「DRAMが世代を重ねて微細化が進むにつれて、コスト削減の難易度が高くなるのは事実」とし「ただ、コスト競争力の確保のために一次的に適用された技術を無条件に適用するのがでなく、効率の面を綿密に検討し、最終的に採用することになるだろう」と述べた。

それとともに「これから披露する14ナノベースのDDR5製品は、EUVを適用して、全体の工程が減少し、コストを削減する構造」とし、「DDR5は14ナノから価格競争力が確保されるものであり、来年から収益性も改善されるだろう」と述べた。

ハン副社長は、「NAND型の場合、2022年まで176段6、7世代が中心になるだろうから10年後までに技術ロードマップがある」とし「ダブルスタックによって絶対的な価格競争力が期待されている200段以上8世代V NAND型は動作チップを既に確保してラインナップの拡大を準備している」と紹介した。
 
参考記事:サムスンのDRAM世界シェアが41.2%に 前四半期比で小幅上昇
参考記事:SKハイニクス、EUV活用10ナノ級4世代DRAMを本格量産
参考記事:サムスン電子「DRAMとNAND型を一つのチップに収めたuMCP新製品」発売

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP