韓国産業技術大学、マイクロLEDディスプレイ用モノリシック多波長光源技術を開発

(画像出典:韓国メディア内掲載画像翻訳)

韓国産業技術大学(以下産技大)は17日、最近ナノ半導体工学科のイ·ソンナム教授研究チーム(ペク·スンヘ、キム·ヒウン、イ·ゴンウ、以下研究チーム)が窒化物系半導体発光ダイオード(以下LED)で難題として指摘される赤色発光の開発に成功したと発表した。マネートゥデイ社が伝えた。

研究チームは、緑色以上の長波長発光で発生する問題点である電流注入による発光波長の青色偏移事象を逆利用した。一つのウェハーから赤、緑、青色の領域まで変化可能なモノリシック多波長マイクロLEDに対する源泉技術を開発した。
一般的なLED光源波長を決定するのは半導体材料のバンドギャップである。現在、赤色光源には砒素化物または引火物半導体が、緑色および青色光源には窒化物半導体が使われている。

フルカラーLED光源は、光の三原色である赤·緑·青のLED光源の組み合わせで構成される。このようなフルカラー光源を得るためには、前述した二つ以上の他の半導体材料を調合しなければならない。

研究チームは今回の研究で窒化物半導体だけを利用し、赤から青緑色の波長まで一つのウェハーで実現できるモノリシックマイクロ多波長LED技術を開発した。

これまでのモノリシックフルカラー光源は、ナノ棒およびピラーなどの構造を利用して製作された素子で、再現性と光の強さの問題で商用化が難しかった。

今回の研究では次世代ディスプレイマイクロLEDディスプレイに適用可能なサイズのマイクロサイズ(30~150マイクロ)のLEDを使用し、実用性と応用性を確保した。

研究チームが開発した半導体LEDウェハーは、一つで赤から青緑色の波長までを実現、ウェハー水準の転写工程が可能だ。また、ウェハー自体を次世代マイクロLEDディスプレイパネルとして使用する可能性を切り開いた。

特に一つのウェハーの中で赤から青緑色の光源まで得ることができ、特殊目的のLEDマスクのような光セラピー分野への拡大が可能である。また、光の三原色が実現可能であり、多様な目的のバイオフォトニクス分野に拡張できる。

イ·ソンナム教授は「今回の研究の最も大きな成果は一つの窒化物半導体ウェハーから、赤から青や緑色の波長領域までのマイクロ光源を形成し、フルカラーディスプレイおよび機能性光源に応用できる技術を開発したこと」とし「これは次世代マイクロLEDディスプレイおよび多機能性モノリシック多波長半導体光源に対する源泉技術を確保したことに違いない」と述べた。

一方、この研究は韓国研究財団の中堅研究課題の支援を受けて行われ、14日に応用物理および新素材分野で世界的に権威のある「アドバンスド・エレクトロニック・マテリアルズ(Advanced Electronic Materials)」に掲載された。

 
参考記事:マイクロン、176段モバイル用NAND型フラッシュの量産開始発表
参考記事:韓国材料研究院「超小型ビーズ製造用のセラミックマイクロ粒子製造技術を開発」
参考記事:サムスンがマイクロLED商用ディスプレイ「ザ・ウォール」の新製品を世界販売へ

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP