ソウルバイオシス、直径1μmのマイクロLED開発に成功…「マイクロLED」の大衆化に寄与

(画像出典:ソウルバイオシス参考/翻訳)

韓国LED専門企業であるソウルバイオシスが、効率低下によりこれまで量産できなかった70μm未満のレッドマイクロLEDの生産歩留まりの難題を解決し、「マイクロLED」の大衆化への先頭に立つ。

ソウルバイオシスは、ノーベル物理学賞受賞者の中村修二教授が率いるUCSB(University of California, Santa Barbara)研究チームと18年間の共同研究により、直径1μmのブルーとグリーンマイクロLEDの開発に成功したと19日発表した。また効率低下により量産できなかった70μm未満のレッドマイクロLEDの難題を克服する一方、本格量産によりマイクロLEDテレビの大衆化時期を早めることができたと強調した。

ソウルバイオシスは生産歩留まりの難題を克服し、70μmのレッドマイクロLEDを適用した製品(MC04,MC02)を量産供給している。今年下期には性能低下改善技術により30μmのワンピクセル(one-pixel)、2022年には10μmのワンピクセル製品の発売を予定している。

ソウルバイオシスとUCSBは、核心工程の開発により直径1μmの大きさのマイクロLEDを製作することに成功した。またサイズが小さくなるほど効率低下で発光自体ができなかったレッドマイクロLEDの外部量子効率(EQE)を150%まで上げることで、超小型マイクロLEDソリューションの製作及び明るさ向上を可能にした。

これを受け、ソウルバイオシスはマイクロLED技術の向上を通じ、スマートフォンやAR、VRなどの高級ディスプレイ・アプリケーションの早期商用化を期待できるようになった。

ソウルバイオシスの関係者は「新しく開発する超小型サイズの10μm、30μmワンピクセル(one-pixel)は知的財産権を尊重する企業に新技術製品を優先供給するという原則に従う」とし、「MC04、MC02、WICOP、Mini LEDなど自社製品を購入し、使用中の顧客に優先的に供給する予定」と述べた。韓国アイニュース24が報じた。

 
参考記事:韓国産業技術大学、マイクロLEDディスプレイ用モノリシック多波長光源技術を開発
参考記事:マイクロン、176段モバイル用NAND型フラッシュの量産開始発表
参考記事;サムスン、ベトナムにマイクロLEDテレビの生産ラインを構築か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP