折りたたみスマホ好調、韓国で100万台に迫る…全世界1000万台見込

サムスン電子が下期に戦略スマートフォン「GalaxyZ Fold3」と「flip3」を発売し、「フォルダブル(折りたたみ)フォン」の大衆化元年を掲げた。韓国内では1週間の事前予約で100万台に迫る成績を収め、可能性を確認した。市場調査機関もサムスン電子の予測以上に今年のフォルダブルフォン市場の見通しを前向きにとらえているという。

韓国chosunBizが報じた。その一方で、スマートフォン市場の規模を考慮すれば、大衆化はまだ先という評価も出ている。今年中に全世界で1000万台の販売が実現しても、昨年基準で13億台あったスマートフォン市場でのシェアはまだ1%にも満たないためだ。サムスン電子がフォルダブルフォン市場で独占的な地位を維持しても、ライバル企業の新製品発売が後押しされなければ市場は広がらないと思われる。

サムスン、GalaxyZ Fold3とflip3「100万台」秒読み

30日、サムスン電子と移動通信業界などによると、今月中にサムスン電子のGalaxyZ Fold3とflip3の販売が100万台に迫るい勢いであると推定された。

8月17~23日の7日間で集計されたサムスン電子「GalaxyZ Fold3」と「flip3」の事前予約実績は約92万台であった。1日平均13万台水準だ。25日間で100万台を突破した「Galaxy note10」の記録更新も視野に入れている。ただ、Galaxy note10は単一モデルであるだけに、フリップ3が対抗馬に挙げられる。GalaxyZ Fold3とflip3の開通初日の実績は約27万台となり、開通の割合は3対7水準で、flip3が多かったという。

一部の国内移動通信社は、予期せぬ「フォルダブルフォン」の旋風に、現在一部の事前予約加入者に遅延の可能性を案内するに至った。いきなり注文が殺到し、配送や物量確保などに困難をきたした影響と見られる。
サムスン電子は、国内での勢いに乗って、米国やカナダ、英国、フランスなど40ヵ国でも、GalaxyZ Fold3とflip3の販売を開始した。今年10月までに発売国は130カ国に増やす計画だ。

すでに米国では事前予約物量が今年のGalaxyZシリーズの全体販売量を上回った。世界で2番目に大きいスマートフォン市場であるインドでは、来月10日の発売を控えて始まった事前予約初日(24日)のGalaxy note20より2.7倍多い予約量を記録した。

サムスン電子の「フォルダブルフォン」ヒットの兆しに、世界のフォルダブルフォン市場も早いテンポで成長するだろうという見方が出ている。市場調査機関は2ヵ月ぶりに市場成長幅を修正した。

ディスプレイ専門市場調査会社のDSCCは最近、「フォルダブル市場展望報告書」を通じて、今年のスマートフォン用フォルダブルパネル出荷量を1038万8000個と予想した。当初、DSCCは今年6月に892万1000個を見込んでいたが、2カ月間で目標値を上方修正した。昨年、324万5000個が出荷されたことを考慮すれば、3倍近く増えるという意味だ。市場調査会社のカウンターポイントリサーチも、今年のフォルダブルスマートフォンの出荷台数は900万台に達すると見ている。

サムスン電子が11日、「サムスン·ギャラクシー·アンパック2021(Samsung Galaxy Unpacked 2021:Get ready to unfold)」イベント後にホームページに掲載した映像で、チェ·バンソプ無線事業部戦略マーケティング室長・副社長は「調査機関によると、フォルダブル機器の市場需要は急増しており、特に今年のフォルダブル販売量は前年比3倍成長した650万台に達する見通しだ」と述べた。サムスン電子の期待より、フォルダブルフォン市場が、より大きな成長軌道を描けるものと期待される。

カウンターポイントリサーチによると、昨年基準の世界のスマートフォン出荷台数は約13億台だ。2017年に15億6570万台もの数字と記録したが、その後は2018年に15億520万台、2019年に14億7910万台と低迷期を迎えている。これとは異なり、フォルダブルフォンが急成長し、今年に1000万台の販売が実現したとしても、スマートフォン市場全体に占める割合は1%にも満たないものと推定される。

現在フォルダブルフォン市場ではサムスンが独占的な位置を占めているが、市場拡大のためにはライバル企業の新製品発売も後押しされるべきだという分析が出ている。近くシャオミ、ファーウェイ、OPPOなどの中国企業もフォルダブルフォン市場に参入する。グーグルも初のフォルダブルフォン「ピクセルフォールド」の発売を準備しているという報道もある。アップルはフォルダブル関連の特許出願を続けているが、発売時期については沈黙している。

アップルのフォルダブルフォン予想イメージ(ITコミュニティより)

参考記事:目前に迫ったフォルダブルフォンの大衆化、Galaxy Fold3の事前開通が初日最高記録
参考記事:サムスン新作スマホの事前予約で大混乱…Galaxy Z Fold3・Z Flip3事前予約は80万台に達する見通し
参考記事:下半期戦略スマートフォンの発売本格化…サムスン、シャオミに続きAppleも新作近々公開

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP