iPhone13に対抗するGalaxy S21 FE…サムスン電子の戦略は?

アップルの新戦略スマートフォン「iPhone13」の発売に対抗し、サムスン電子がGalaxy S21のファンエディション(FE、仮称)という戦略カードを切る。Galaxy Note21が今年下期に発売されないため、Galaxy S21 FEが事実上、フラッグシップスマートフォンの役割を果たさなければならない。「GalaxyZ Fold3」や「GalaxyZ Flip3」などのフォルダブルフォン(折りたたみスマホ)のラインナップは人気が高いのは確かだが、価格や普遍的な側面から、Galaxy S21やGalaxy Noteシリーズのように、沢山売れるのは容易ではないからだという。韓国Digital Today社が伝えた。

Galaxy S21 FEはGalaxy S21の普及型モデルで、アップルのプレミアム(フラッグシップ)スマートフォンのiPhone13よりは価格競争力がある。アップルにブランドパワーが劣るサムスン電子が、低価格モデルであるGalaxy S21 FEで勝負する一方、アップルが持っていないGalaxyZフォルダブルのラインナップでプライドを取り戻すという戦略と見られる。

サムスン電子の普及型プレミアムラインナップである「FE」は、戦略プレミアムスマートフォンと似た性能やデザインを備えながらも、価格は大幅に引き下げたのが特徴だ。2016年、Galaxy Note7がバッテリー爆発で結局生産中止となり、サムスン電子は翌年の2017年、バッテリー容量を下げ、バッテリーだけを変えたモデルの「ギャラクシーノート(7)FE」を発売し、FEシリーズが新たなラインアップに加わった。その後、Galaxy S10の次のモデルであるギャラクシーS20が製品の差別化失敗とコロナ19の効果で「在庫処分フォン」に転落し、販売が低迷したことから、サムスン電子は部品を使い切るためにギャラクシーS20FEを発売したとされている。

今回も同様だ。ディスプレイなど製品の性能をダウングレードして価格まで下げた「Galaxy S21」だったが、グローバル市場で低迷し、結局「Galaxy S21 FE」まで発売する状況に至った。Galaxy Note7が6という数字を飛ばし、バッテリー爆発で生産中止となる呪いを受けてしまったように、ギャラクシーS20も11~19という数字を飛ばしたことで、市場では振るわなかったという説も出ている。Galaxy S21もその呪いを避けられなかった。

今回発売されるGalaxy S21 FEは、6.5インチディスプレイに「スナップドラゴン888プロセッサー」を適用することが確実視される。画面の解像度は1080×2009、480 DPIだ。また、ITチップスター、主要外国メディアなどを通じて流出した情報を総合すると、Galaxy S21FEは超高速充電機能を備えた4400mAhバッテリーを搭載する。パープル、ホワイト、グリーン、グレー、ブラックの5色以上のカラーで販売されるとみられる。

Galaxy S21FEは今月のアンパックで、「Galaxy Z Flip3」や「Galaxy Z Fold3」など新型フォルダブルフォンと共に公開されるものと期待されたが、半導体の需給問題などで発売が遅れたという。しかし、下期に入り、Galaxy S21FEの生産状況が円滑になったことから、9月に発売が行われる見通しだ。Galaxy S21 FEの性能はGalaxy S21と同水準だが、価格を下げただけに大学生などZ世代を狙うものと見られる。昨年、Galaxy S20 FEのオンラインイベントも同様に、従来のアンパックより、よりカジュアルに構成されているのが特徴だった。

ただ、「Galaxy Flip3」「Galaxy Z Fold3」など新型フォルダブルフォンの状況によっては、Galaxy S21FEの発売が見送られる可能性もあるという予想も出ている。現在、予約販売開始後から一部のモデルが品切れになるなど、期待以上の成果が記録されているためである。アーリーアダプターの需要が集中する発売初期であり、中途半端な予測は禁物だが、「GalaxyZ Flip3」の人気は当面続く可能性が高い。「GalaxyZ Fold3」に比べて相対的に安い出庫価格のためだ。サムスン電子はZFlip3·ZFold3のグローバル状況まで調べた後、S21FEの発売時点を確定すると予想される。

参考記事:目前に迫ったフォルダブルフォンの大衆化、Galaxy Fold3の事前開通が初日最高記録
参考記事:サムスンの「Galaxy ZFold3」と「Galaxy Z Flip3」 前作より価格大幅引き下げか
参考記事:Galaxy S21 FEの発売は9~10月、価格は7万円前後? 韓国紙報じる

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP