「レンズ付きSペン」…カメラを引き抜いて使う「Galaxy」の登場か

サムスン電子のGalaxy Noteシリーズに搭載されてきた「Sペン」に、今後カメラが盛り込まれるという観測が出ている。Sペンは Galaxy S21 ultra、Galaxy Z Fold3にも適用され、利用可能な端末が持続的に拡大している状態だ。Galaxy Noteの販売終了説が絶えない状況でも、Sペン自体の「進化」が続く見通しだという。韓国ヘラルド経済が報じた。

オランダのIT専門メディア「レッツゴーデジタル(LETSGO DIGITAL)」は最近、Sペンにカメラレンズが取り付けられたサムスン電子の関連特許を公開した。当該特許はサムスン電子が今年3月に世界知的財産権機関(WIPO)に特許出願したもので、特許内容は10日に公開された。

特許情報を見ると、Sペンの上段部分にカメラレンズが装着されている。スティック状のSペンをカメラの「自撮り棒」のように使って写真を撮ることができる。このSペンは、従来のGalaxy Noteシリーズのように、スマートフォン内部に収納できる。つまり、スマートフォンからカメラを抜き取り、写真撮影が可能になるわけだ。

これまで、スマートフォンに劣らぬほど、「Sペン」自体の進化も続いてきた。

単にディスプレイの上に文字が書ける「筆記」機能を超え、写真撮影ボタンとして使ったり、プレゼン時にスライドを制御する機能なども追加された。

さらに、カメラレンズまで搭載されるSペンが実現される場合、Sペンの使用性が無限に拡張されるという期待感も出ている。

進化したSペンがGalaxy Noteシリーズに採用されるかは未知数だ。今年にGalaxy Noteの代わりに「Galaxy Z Fold3」と「Galaxy Z Flip3」を発売したサムスン電子が来年もNoteシリーズを発売しない可能性が高まっているからだ。

実際、Noteの販売終了説を裏づけるような予兆があちこちでキャッチされている。

有名ITツイッタリアンのフロントトロン(Front Tron)は先月末、自身のツイッターに「Noteのファンには申し訳ないがNoteは死んだ」とGalaxy Noteシリーズの販売終了を示唆した。また、「代わりにサムスンはGalaxy Z Fold3を『Note Z』と呼んでいる」と付け加えた。

最近は、新たに更新されたサムスン電子の商標権に「Note」が抜けており、販売終了説が再び浮上した。ただし、実際Noteの商標権は2023年4月3日まで有効であり、Note新作発売の可能性を完全に排除できないという観測もある。

Noteシリーズを新規発売するかどうかとは関係なく、Sペンの実用性は多様な端末に拡大するものとみられる。サムスンは、Galaxy S21 ultra、Galaxy Z Fold3でもSペンが使用できるようにしている。Sペンが独自に機能を進化していく中で、Sペンと連動して使用できるGalaxy端末も引き続き拡大する見通しだ。

参考記事:サムスンが「Galaxy S21」を公開…ウルトラはSペン支援、基本モデルは前作より2万安い
参考記事:サムスンが「Galaxy S21」にSペン搭載確定か…Noteは縮小の見込み
参考記事:サムスン、8月11日に新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2021」開催、Note新製品は見送りに

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP