サムスン電子、好きな色を選べる「Z Flip3 Bespoke Edition」を発売

サムスン電子が20日、アンパックイベントを開き、モバイル機器で個性を表現できる「Galaxy Z Flip3 Bespoke Edition」を公開した。「Galaxy Z Flip3 Bespoke Edition」はサムスン電子がプレミアム家電製品を先に導入し、グローバル市場で大きな反響を得ている「ビスポーク(Bespoke)・注文品」の概念をスマートフォンにまで拡大適用したものだ。韓国メディアFETVが報じた。

サムスン電子は「Galaxy Z Fold3」と「Galaxy Z Flip3」の発売後、カラートレンド調査と顧客好みおよびニーズ変化分析などを通じて数千種類のカラーオプションテストを行い、これを基に最も調和のとれたカラー組み合わせのパレットを完成させ、同日のアンパックで初めて披露した。

今回提供されるオプションはブラック(Black)、シルバー(Silver)の2つのフレームカラーとブルー(Blue)、イエロー(Yellow)、ピンク(Pink)、ホワイト(White)、ブラック(Black)の5種類前後のカラーだ。これを組み合わせると、計49種類の組み合わせが生まれる。顧客はサムスン電子のホームページ内の「ビスポークスタジオ(Bespoke Studio)」でフレームと前面·背面の色を選択し、好みに合わせた色の組み合わせを注文できる。

特に「ビスポークスタジオ」では製品のカラーを選択した顧客が「360度プレビュー」で比較·体験できるのはもちろん、自分が直接デザインした製品のイメージをダウンロードしてソーシャルメディアなどで共有することもできる。また顧客の好みの変化を考慮し、少ない費用で製品の前面·背面のパネルカラーを交換し続けることができる「ビスポークアップグレードケア(Bespoke Upgrade Care)」サービスを提供する。

「Galaxy Z Flip3 Bespoke Edition」は21日午前9時からサムスン電子公式ホームページで販売される。価格は130万9000ウォン(約12万8千円)で「ビスポークアップグレードケア」サービスは前面·背面のパネル同時交換時に9万9000ウォン(約1万円)だ。

サムスン電子のチェ·スンウン無線事業部マーケティングチーム長専務は「今日の顧客には多様な趣向を持っており、このような多様な顧客のニーズを満たす製品が必要だ」とし「サムスンは顧客の好みとライフスタイルに合わせた技術を開発し続けており、顧客が日常的に使用する技術を通じて自分を表現できる新しい経験を提供する」と述べた。

参考記事:サムスン電子、ビスポークに続き「Galaxy」のリブランディングを検討
参考記事:Galaxy Z Fold3&Z Flip3、日本でも予約販売開始…アジア市場攻略へ
参考記事:サムスン電子のフォルダブルフォン、販売開始から39日で100万台突破

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP