SKハイニックス、第3四半期売上11兆8000億ウォン…四半期最大業績を達成

SKハイニックスが今年第3四半期に11兆8000億ウォン(約1兆1523億円)を超える売上を上げ、四半期基準で最大業績を達成した。営業利益も2018年第4四半期以降2年半ぶりに4兆ウォン(約3907億円)台を記録した。韓国メディア「DigitalToday」が報じた。

SKハイニックスは第3四半期の売上が11兆8053億ウォン(約1兆1530億円)、営業利益が4兆1718億ウォン(約4075億円)を記録したと、26日発表した。

これは昨年同期対比売上45%、営業利益220%増加した業績だ。前四半期に比べてもそれぞれ14%と55%増加した。

今年第3四半期の売上は従来の最大業績である2018年第3四半期(11兆4168億ウォン、約1兆1152億円)を上回る四半期最大の業績だ。

営業利益も過去最高の2018年第4四半期(4兆4301億ウォン、約4328億円)以来2番目となる半導体のスーパーサイクルであった2018年以降最高の好況を迎えた。

SKハイニックスの第3四半期の好業績は、サーバーやモバイル向けメモリー半導体の需要が増え、製品価格が上昇したためと見られる。

SKハイニックスは、10ナノ級第3世代(1z)DRAMや128段4DNANDなど、主力製品の歩留まりを高め、生産比重を拡大するなど、原価競争力が改善し、4兆ウォン(約3907億円)台の営業利益を上げたと主張した。

これまで赤字だったNAND型フラッシュ事業も黒字に転じた。

SKハイニックスのノ·ジョンウォン最高財務責任者(CFO)副社長は「最近、グローバル供給網の支障などで懸念があるにもかかわらず、メモリー半導体市場が引き続き成長しているという意味」とし「今後もメモリー需要が着実に増加する」と見通した。

SKハイニックスは、年内にインテルNAND事業部の買収が終われば、黒字に転じたNAND事業の競争力がさらに強化されるものと期待している。

参考記事:サムスン電子&SKハイニックス、過去最大54兆ウォンの半導体設備投資
参考記事:第4四半期に価格下落が深刻なDRAM…来年は過剰供給の懸念が高まる
参考記事:サムスンやSKハイニックス、中国メモリー半導体の攻勢にどう対応するか

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

LGD、世界最大のディスプレイ展示会に参加…97インチOLED.EXテレビを公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051204/

LGエナジーS、中国除くグローバルEVバッテリー市場で1位達成…素材確保急務
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051203/

サムスン電子&SKハイニックス、半導体前工程装備の国内協力会社拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051202/

下半期「Flip戦争」予告…サムスン「Galaxy Z Flip4」完成度高く価格は安く
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051201/

「交渉未だ進まず」サムスン電子とLGDのOLEDパネル交渉…5月が最大の山場か
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051103/

Load More...
TOP