「来年2月発売確定」フォルダブルフォンを超えるサムスン戦略スマホは

「サムスン電子のGalaxy S22、2月第2週に事前予約?」

サムスン電子の次期戦略プレミアムフォン「Galaxy S22」の事前予約が来年2月第2週から始まるとの観測が出た。GalaxyS22の発売時期をめぐり当初「1月早期発売説」などが取り上げられたが、2月に発売される可能性に再び重点が置かれている。

米IT専門メディアのサムモバイルは、サムスン電子のGalaxyS22の事前予約が、来年2月第2週から始まるだろうと、最近報じた。

サムモバイルは「私たちが受け取った新しい情報によるとGalaxyS22は1月に発売されない」とし「サムスンが2月初めにGalaxyS22シリーズを発売すると確信している」と説明した。

これに先立って市場内外では、Galaxy S22の発売時期を巡り、さまざまな予測が食い違っていた。例年より1~2カ月ほど前倒ししてサムスン電子が来年1月末にGalaxy S22を発売するという観測が出た。

さらに、Galaxy S22の年内発売の可能性まで持ち上がっている。今年下半期に発売されたサムスン新作2種は共に、フォルダブルフォン(Galaxy Z Fold3、Galaxy Z Flip3)であるだけに、Galaxy S22の発売を繰り上げて、バー(Bar)形態のスマートフォン需要に対応するだろうという見方も出ている。

しかし、Galaxy S22の発売時期は、事実上2月と決まったと、外国メディアは見ている。最近、スマートフォン製造業界全般に半導体の需給不足問題が続いていることも、1月の発売が容易でない理由の一つと見ている。さらに、年末のスマートフォン販売のピーク期には、サムスン電子がフォルダブルフォンの販売マーケティングに力を入れるだろうと、サムモバイルなどの外国メディアは見込んだ。

Galaxy S22ultra イメージ(写真:LETSGO DIGITAL)

Galaxy S22は、Noteシリーズに取って代わる戦略フォンとして特に注目を集めている製品だ。前作のGalaxy S21と比べ、製品全般に相当な変化が予想されている。

何よりGalaxy S22にNoteシリーズの象徴だった「Sペン」が内蔵されるという見通しが力を得ている。これは事実上、SシリーズとNoteシリーズとを合わせたもので、Galaxy S22がNoteの役割まで果たすことになる。SシリーズにNoteのDNAを移植し、自然にNoteシリーズが断種の手続きを踏むことになることを意味する。

他にもGalaxy S22は、△Galaxy S22、△Galaxy S22プラス(+)、△Galaxy S22ウルトラの計3モデルを披露するものと予想される。

カメラモジュールを長方形の枠の中に配置していた従来とは異なり、カメラ周りの形態が変わる見通しだ。

背面3つのカメラとレーザーオートフォーカス(AF)·1つの望遠カメラ·LEDフラッシュを3対3に並べたP字構造のカメラ形態になる見通しだ。サムスン電子の「Exynos(エクシノス)2200」やクアルコムの「スナップドラゴン898」アプリケーションプロセッサー(AP)が搭載され、新規グリーン(緑)色が追加されるだろうという見方も出ている。

参考記事:サムスン電子、Galaxy S22ではカメラ穴を隠す「UDC技術」不採用
参考記事:サムスン、8月11日に新製品発表会「Galaxy UNPACKED 2021」開催、Note新製品は見送りに
参考記事:GalaxyS21FEは発売の見通しも…発売時期はフォルダブルフォン次第か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP