グーグル「Pixel Fold」発売キャンセル?…GalaxyZの独り舞台が続くか

グーグルが準備中だった初のフォルダブルスマートフォン「ピクセルフォールド(Pixel Fold)」の発売を取り消したことが分かった。これを受け、フォルダブルフォン市場では、サムスンGalaxyZシリーズの独り舞台が当面続く見通しだ。韓国メディア「イートゥデイ」が報じた。

16日、ディスプレイ市場調査会社DSCC創業者のロス·ヤングは、グーグル消息筋の話として、「グーグルのピクセルフォールドは今年に発売されない」と明らかにした。

ロス·ヤングは「今年はもちろん、来年上半期まで計画がない」とし「グーグルは製品競争力が主要ライバル企業(サムスン電子)に及ばないし、価格競争力でも劣ると判断した」と述べた。

ピクセルフォールドとは、グーグルが2019年から開発してきたフォルダブルスマートフォンだ。今年第4四半期の発売計画だという。特に、GalaxyZ Fold3とサイズや製品仕様が概ね似ており、欧州や米国内で両製品間の競争構図を形成するものと見られる。

しかし、半導体の需給難による円滑な部品確保の難しさや製品競争力確保の不備により、発売計画を撤回したものと見られる。

DSCCは、グーグルピクセルフォールドの発売キャンセルや中国メーカー各社のフォルダブルフォンの発売遅延などを理由に、今年のパネル出荷量を1040万台から990万台へと引き下げた。

競争構図が崩れ、「Galaxy Z Fold3-Flip3」などサムスンのフォルダブルフォンの独り舞台は当面続く見通しだ。

ロス·ヤングは2021年、「Z Flip3」と「Z Fold3」の合算出荷量が年末の高い需要に支えられ、当初の予想より3%高くなると予想した。また、GalaxyZシリーズの出荷量は、2022年は2100万台を超え、前年比100%成長するだろうと見込んだ。

サムスン電子は、GalaxyZシリーズの人気を受け、スマートフォンのシェアを伸ばしている。第3四半期の米スマートフォン市場で、サムスン電子は35%のシェアを記録し、アップル(42%)とのシェア格差を一桁に縮めた。シェアの数値も、昨年第1四半期(32%)以降最も高い数値だ。フォルダブルフォンの販売好調によるものだ。

グローバル市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、今年8月末、新型フォルダブルフォン「GalaxyZ」シリーズの発売後、2ヵ月間、フォルダブルフォンの販売比重は12%まで上昇した。1年間で10%以上販売の割合を高めた。

カウンターポイントリサーチのイム·スジョン研究員は「Galaxy FoldとFlipシリーズは今までの成果から見て成功的」とし「8月に発売された2つの新製品が9月末まで200万台を超えるグローバル販売量を記録し、差別化不足という既存の評価も確実に払拭した」と評価した。

参考記事:Galaxy Z Fold3&Z Flip3、日本でも予約販売開始…アジア市場攻略へ
参考記事:次モデルはバッテリー容量が拡大?すでに「Galaxy Z Flip4」への期待感
参考記事:GalaxyS21FEは発売の見通しも…発売時期はフォルダブルフォン次第か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  7. 7

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

TWITTER

LGディスプレイ、「透明OLED」で未来の新市場攻略に拍車をかける
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080905/

EV分離膜製造企業のSKIET、ベトナムのビングループとグローバル市場拡大へ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080904/

米半導体装備、中国輸出規制の最大被害者はサムスン電子とSKハイニックス
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080903/

スペインでフォルダブルフォン販売6倍増…「Z Flip4」欧州での期待感高まる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080902/

サムスン・LG、収益性悪化のLCD事業から撤退…OLED事業で「再跳躍」目指す
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22080901/

Load More
TOP