KAIST、リチウム金属電池の寿命を延ばす電解液添加剤技術を開発

KAISTの研究グループが、電気車用リチウム金属電池の寿命を延ばす電解液添加剤技術を開発した。韓国メディア「東洋日報」が報じた。

電気車を長く走らせるためには、電池のエネルギー密度を高めなければならないが、リチウム金属電池の負極はリチウムイオン電池の黒鉛より容量が10倍以上大きく、エネルギー密度を高めることができる。

16日、KAISTによると、生命化学工学科のチェ·ナムスン教授チームは、リチウム金属の負極表面に二重層の固体電解液の界面膜を形成した後、膜ごとに還元反応性と吸着力の異なる2種類のイオン性添加剤を適用し、電池の寿命を画期的に延ばすことに成功した。

正極素材に使われるニッケルリーチの表面にも薄い界面膜を形成して構造的安定性を確保した。

リチウム金属の負極とニッケルリッチの正極で構成された電池を600回充電·放電しても初期容量の80.9%を発現し、バッテリー性能を予測する際の重要な指標であるクーロン効率は99.94%だった。

同技術を適用すれば、電池使用時に内部抵抗を急激に上げ、火災原因となるリチウムデンドライトの形成も抑制される。

研究グループはリチウム·合金基盤の負極材、リチウム貯蔵構造体、無負極技術などと連結でき、企業が要求する水準のリチウム金属電池を実現する電解液核心素材技術になると期待している。

今回の研究は先月25日、国際学術誌「エネルギーストレージマテリアルズ(Energy Storage Materials)」にオンライン公開された。

チェ·ナムスン教授は「リチウム金属電池の最大課題であるリチウム金属の負極と電解液の不安定な界面を制御する添加剤開発方向を新たに提示した」とし「二次電池市場の版図を変えるものと期待される無負極二次電池性能をさらに高めるのに寄与する」と述べた。

参考記事:KAIST、寿命の長い次世代電池「高容量リチウム過剰正極材料」を開発
参考記事:KAIST「リチウム-硫黄電池を低コスト&高性能にする技術開発」
参考記事:KAIST「リチウム-空気バッテリー」のエネルギー貯蔵素材開発と発表

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Galaxy S22FE、発売しない見通し…2年ぶりに「生産中止」観測
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062401/

Load More
TOP