サムスン電子、来年もフォルダブルフォン市場で圧倒的な競争力を維持

サムスン電子が、フォルダブル·スマートフォン市場で来年も圧倒的なシェアを維持するだろうという見方が出ている。証券業界では、フォルダブルスマートフォンの拡大とあいまって、関連部品株への予測も前向きに示している。韓国メディア「アジア経済」が報じた。

28日、KB証券によると、今年、サムスン電子のフォルダブルスマートフォン出荷台数は700万台と試算されるが、前年比233%増となる見通しだ。詳細な販売量を見ると、「Galaxy Z Flip」は450万台、「Galaxy Z Fold」は250万台と予想される。特にFlip商品はNote商品に比べて出庫価格が安く重量負担が少ない上、クッション化粧品に似たデザインが消費者に大きくアピールされているため、昨年に続いて販売好調が続く見通しだ。KB証券のイ·チャンミン研究員は「来年、サムスン電子のフォルダブルフォン出荷量は前年比100%増加した1400万台と予想される」とし「前作と同じくFlip、Fold製品が第3四半期中に一緒に発売される」と説明した。

来年は、さまざまなメーカーがフォルダブルスマートフォンを披露するものと見られる中、サムスン電子は他のライバル会社に比べ、圧倒的なシェア(78%)を維持していく見通しだ。価格競争力とフォルダブルフォンに対する選好度の増加が、シェア維持に肯定的な影響を与えるものと予想される。

イ·チャンミン研究員は「製品の高いクオリティを維持しながらも、今年の出庫価格を40万ウォン(約3万8千円)ほど下げ、iPhone最上位モデルとの出庫価格の差を縮めた」とし「今後フラッグシップスマートフォンに導入する新技術をGalaxy Sではなく、フォルダブルスマートフォンに初めて適用すると推定されるため、選好度はさらに高まる見通し」と分析した。Galaxy Noteが生産中止になるというニュースも、フォルダブルフォンの販売台数増加に影響を与えるものと見られる。

同時に、技術力が他社より優れているという点も念頭に置かなければならない。サムスン電子は、今年に発売されたフォルダブルスマートフォンにアンダーディスプレイカメラやSペン、防水機能などを初めて採用し、ライバル会社との技術力の格差を浮き彫りにしたが、来年もこのような戦略は続くものと思われる。また、「ダブルフォールディングフォン」や「ローラブルフォン」などを先に発売し、製品群を多角化させる見通しだという。

イ·チャンミン研究員は「中国企業のフォルダブルフォン販売が技術特許問題と低調な歩留まりなどの理由で中国内需市場に限定されたが、サムスン電子は全世界を対象にしている」とし「フォルダブルフォンを売れば損をする中国企業と違い、サムスン電子は生産能力と歩留まり、収益性の面で競合企業に比べて優れている」と述べた。

サムスン電子は来年も、フォルダブルスマートフォン市場で高いシェアを維持するものと見られるだけに、BHやKHバテック、ファインテクニクスへの関心を育ててもいいと予測される。イ·チャンミン研究員は「BHはサムスン電子フォルダブルスマートフォンに搭載されるOLED用RFPCBを100%生産しており、KHバテックは外付けヒンジを供給している」とし「ファインテクニクスはフォルダブルパネル内部に搭載される内蔵ヒンジを納品しており、恩恵が期待できる」と助言した。

参考記事:サムスン電子、フォームファクター革新でフォルダブル市場の首位固め
参考記事:フォルダブルフォンでヒットのサムスン、超格差拡大に向け更なる投資
参考記事:「来年2月発売確定」フォルダブルフォンを超えるサムスン戦略スマホは

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP