現代モービス、独自のBSA技術を開発し電気自動車の効率・安全性高める

現代(ヒュンダイ)モービスが自動車性能や便宜向上はもとより、人類の安全や幸福、地球環境まで考える進化した自動車技術を追求している。この一環として電気自動車(EV)をはじめとする電動化車両の核心部品を開発・生産しており、その技術競争力を持続的に向上させている。韓国メディア「韓国経済」が報じた。

環境にやさしい電気自動車技術で最も重要なのはエネルギー効率だ。限られたエネルギーでいかに遠く、長く走行できるかが核心技術で通用している。こうした理由から、エネルギーを貯蔵できる電気自動車バッテリー技術が注目されている。

現代モービスはこのようなバッテリーが電気自動車で安全に作動できるようにBSA(Battery System Assembly)を設計及び生産している。BSAは、電気自動車が走行できるよう動力装置である駆動モーターに電気エネルギーを安定的に供給すると同時に、車両減速時に回生エネルギーを通じて発生する電気エネルギーを貯蔵する役割を担う。数百ボルトの高電圧で大きな電流を出すため、複数のバッテリーセルをバッテリーパックの形で集め、BSAに搭載する。

BSAはバッテリーセルだけでなく、バッテリー管理装置(BMS、Battery Management System)、冷却ファンと電源遮断装置などが一つのモジュールに統合されて構成される。それぞれの構成品はエネルギー供給遮断、充電状態診断、バッテリー寿命予測、最適の作動温度を作るなど、バッテリーを安全かつ効果的に駆動するために作動する。

現代モービスはハイブリッドカー、電気自動車、プラグインハイブリッドなど環境にやさしい車両の類型によって特性化されたBSAを供給する。BSAは乗客空間、走行性能、安定性など多様な要素を検討して適用される。現存する全てのエコカーのBSAポートフォリオを保有しており、メーカーに合わせた対応ができるのが大きなメリットである。

世界最高水準の競争力を備えた現代車グループの「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」にも現代モービスのBSAが搭載される。最高レベルのエネルギー密度セルで構成された標準化バッテリーモジュールが搭載され、標準化モジュールに基づき高性能モデル、航続型モデルなど多様なライフスタイルを支援するエコカーを提供できる。

現代モービスのBSAは、バッテリーを物理的衝撃から保護できる衝撃安全設計になっている。バッテリーを外部の熱から保護できるようパウチタイプのバッテリーが使用され、バッテリー両面の衝撃吸収のための補強材が適用される。効率的な熱管理のためバッテリーモジュールの冷却チャンネルを改善し、冷却分離構造を適用した。

電気自動車の場合、バッテリーと各種高電圧電装部品が連結される。高電圧部品が故障する場合、バッテリーに否定的な影響を及ぼす恐れがある。これらのリスクを予防するために漏電防止機能である「フェイルセーフ(Fail Safe)」機能も搭載される。バッテリーの異常現象が検知されると、リレー(特定部品につながる電気を選択的に開閉する装置)を通じてバッテリーとの電力連結を遮断できる。

このような安全システムがちゃんと量産されるように現代モービスは高強度のテストを通じてBSAの安全性を確保している。瑞山(ソサン)走行試験場内に様々なタイプのテストができる設備を保有している。BSAは大きく4タイプの高強度テストを行う。車両衝突時に発生しうるバッテリーの発火及び爆発の有無を確認する「衝突試験」、BSA内部への水分流入を確認する「水密試験」、塩水にバッテリーを浸水して腐食及び発火・爆発の有無を点検する「浸水試験」、火炎に直接露出させる「燃焼試験」がある。

参考記事:韓国、第3四半期のEV累積販売台数は7万1000台…世界第7位の規模に成長
参考記事:現代自·LG同盟が結実…インドネシアにバッテリーセル合弁工場を着工
参考記事:平面から立体へ…ARで進化する自動車用ヘッドアップディスプレイ技術

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  6. 6

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  7. 7

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  8. 8

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP