サムスン·LG、5Gより50倍速い6Gネットワーク開発へ…海外で技術テスト

サムスン電子とLG電子が早ければ2028年、商用化が予想される第6世代移動通信(6G)ネットワークの開発に力を入れている。韓国メディア「ChosunBiz」が報じた。

理論上、現在の5Gより最大50倍早いと見込まれる6Gは、データ遅延がほとんどない超高速·超遅延通信を基盤に、フライングカー、メタバースなどを実現する「夢の通信技術」として注目されている。まだ6Gに対する国際標準化が行われていないだけに、市場を先取りすれば6Gの主導権を握ることができる。

国内モバイル通信会社各社も同様に、世界で初めて商用化した5Gに続き、6Gを巡る研究を続けているが、5G基地局の構築も終わっていないだけに、時期尚早ではないかという指摘が出ている。

30日、科学技術情報通信部(科技部)などによると、政府は早ければ2028年に商用化が予想される6G市場で、核心標準特許保有世界1位と装備市場シェア世界2位を目標にしている。

6Gの通信速度は理論上、毎秒1000Gbps(ギガビット)である。5Gが最高20Gbpsの速度を出すという点を考慮すると、50倍速い。理論上、20GB(ギガバイト)容量の映画をダウンロードするのにかかる時間は0.16秒に過ぎない。

単純な伝送速度だけが速いのではなく、遅延時間は1000㎲(マイクロ秒·1万分の1秒)に達する。遅延時間は、ユーザーとインターネットサーバーがデータをやりとりするのにかかる時間を意味する。超遅延·超連結技術を基に、革新的技術を実現することが期待される。

サムスン電子は、世界初で5Gを商用化した2019年、いち早くサムスンリサーチ傘下に次世代通信研究センターを設立した後、6G先行技術の研究を進めてきた。続いて昨年7月に「6G白書」を公開し、グローバル標準化と技術開発生態系を主導的に率いていく計画を明らかにしている。

実際、サムスン電子は最近、米連邦通信委員会(FCC)に6G実験のための電波使用承認許可を申請し、許可を受けたという。これを通じて、6Gスマートフォンで基地局と中長距離通信が可能かどうかを確認しているという。

サムスン電子のイ·ジェヨン副会長が、5年ぶりの米国出張で、モバイル通信企業であるベライゾンのハンス·ベストベリー最高経営者(CEO)と会合を行ったことを巡り、6Gを巡る議論が交わされただろうという見方が出ている。昨年、サムスン電子米国法人がベライゾンから約8兆ウォン(約7662億円)に達する大型受注を獲得している。これは韓国の通信装備産業史上、最大規模の単一輸出契約だった。通信業界の関係者は「サムスン電子が単一企業と供給契約を結んで公示するのは異例のことだ」とし「5G装備市場で中国のファーウェイなどに押されているだけに、6Gで技術協力のためには核心パートナー社が必要だ」と話した。

LG電子は今年8月、世界で初めて6Gテラヘルツ(THz)周波数帯域を活用し、屋外で通信信号を直線距離100メートル以上伝送するのに成功した。THz無線送受信技術は、100GHz~10THz間の㎔周波数帯域を活用し、毎秒最大1Tbps(テラビット)の超高速データ伝送速度を可能とする技術である。6Gモバイル通信の中核技術といわれている。

LG電子も同様に、サムスン電子と同様、いち早く6G技術開発に打ち込んでいる。2019年に韓国科学技術院と共同で「LG-KAIST 6G研究センター」を設立したのに続き、今年初めにはグローバル無線通信テスト計測装備メーカーの「キーサイト」との協業強化計画を明らかにした。今年6月には米国通信産業協会(ATIS)主管「ネクストGアライアンス」の議長社に選ばれた。6G関連の先行技術の議論やサービスの方向性の提示において重要な役割を果たすことが期待される。

SKテレコムやKT、LGユープラスの国内モバイル通信3社も同様に、6G時代に備えるための研究開発や外部協力を活発に行っている。新しい通信技術の商用化のためには、通信会社と装備会社との協業が欠かせない。

最近、国内モバイル通信3社と科学技術情報通信部が世界で初めて5G 28㎓基盤のWi-Fiを地下鉄の中で実現すると発表し、装備メーカーのサムスン電子の役割を何度も強調した点がこれを裏付ける。

しかし、特に通信会社の新技術開発に対する消費者の視線は厳しい。商用化3年が過ぎた現在まで、5Gに対する品質議論が続いているからだ。「5Gもまともにできないのに、6Gにとって何の意味があるのか」という指摘が代表的だ。これは、モバイル通信3社が構築することにした基地局が適時に設置されなかった影響だ。今年末までにモバイル通信3社が構築することにした28GHz 5Gの基地局は計4万5000カ所だが、10月末基準で204カ所に過ぎない。

政府はまだ1ヵ月ほど時間が残っているだけに、年末までモバイル通信3社の構築現状を待つという立場だが、現状が続くことになれば、周波数割当取り消し処分は避けられない。現行法上、義務構築数量対比実際の構築数量が10%未満か、評価結果点数が30点未満の場合、周波数割り当て取り消し処分が下される。二つの要件のうち、一つだけ満たしていなくても取り消し処分を受けることができる。

国内のある通信会社の関係者は「2019年の5G商用化以降、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で基地局構築に必要な装備需給問題や敷地選定などで困難を経験してきた」としながらも「年末まで予定していた投資費用を最大限投入するために努力している」と述べた。

6Gの商用化が実現しても、100GHz以上の周波数帯域が必要なだけに、28㎓の基地局構築にも苦労している通信会社各社が、これに対応できるかどうか疑問が持ち上がっている。高帯域周波数は速度が速いという長所があるが、障害物を突破したり避けたりすることができる「回折性」が弱い。これは基地局をさらに細かくしなければならないという意味で、時間と費用負担が大きくなる。

参考記事:LG-KAIST 6G研究センター、27GHz帯域の広帯域ビームフォーミング技術を開発
参考記事:サムスン電子、6Gテラヘルツ帯無線通信のデモに成功
参考記事:LG・Keysight・KAISTが「6G」でMOU

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  4. 4

    味の素社が製造するABFの調達懸念で韓国半導体業界は非常事態に…なぜ?

  5. 5

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  6. 6

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  7. 7

    再びやってきたGalaxyの危機、「バッテリー爆発」Note7の事態を振り返る

  8. 8

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  9. 9

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  10. 10

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

TWITTER

「Galaxy Z4 vs iPhone14 vs Mate50」韓米中の戦略スマホがビッグマッチ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091603/

米EV補助金の中止で暗雲が立ち込める現代自動車グループ、解決策はあるか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091602/

K-半導体、需要低迷による危機が懸念される中、韓国企業は投資で正面勝負に
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091601/

BOE、昨年米国での出願特許1位・サムスンDは2位…技術覇権争い激化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091502/

サムスンSDI、独BMWと北米にEVバッテリー工場設立の可能性
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22091501/

Load More
TOP