サムスン電子、次世代車両向けの高性能システム半導体3種を公開

サムスン電子が30日、超高速通信チップ、高性能プロセッサー、電力管理チップの次世代車両向けシステム半導体3種を公開した。韓国メディア「ITChosun」が報じた。

最近、自動車の中で多様なコンテンツを楽しむ消費者が増え、超高速通信チップと高性能車両に対する需要が増加したことに対応するため、関連製品を発売したという。

パク·ジェホン サムスン電子システムLSI事業部カスタムSOC事業チーム長(副社長)は「最近車両内のインフォテインメントシステムとドライバーの安全のための車両の知能化および連結性の重要性が高まっている」とし「サムスン電子は最新5G通信技術、進化した人工知能機能が搭載されたプロセッサー、そして安定的で検証された電力管理チップを提供し、電装事業を強化していく計画」と述べた。

サムスン電子は半導体業界で初めて5G通信サービスを提供する車両用通信チップ「エクシノス(Exynos)オートT5123」を発表した。

同製品は6GHz(ギガヘルツ)以下の5Gネットワークにおいて、毎秒最大5.1Gb(ギガビット)のダウンロード速度をサポートする。フルHD級映画1本(3.7GB)を約6秒でダウンロードする速度と同じだ。

サムスン電子関係者は「ユーザーは走行中にも途切れることなく、高容量·高画質のコンテンツをダウンロードできる」と説明した。

サムスン電子は人工知能演算機能を提供するインフォテインメント(IVI: In-Vehicle Infotainment)用プロセッサー「エクシノス·オートV7」も公開した。

LG電子が製作したフォルクスワーゲンのICAS3.1インフォテインメントシステムに搭載される製品だ。人工知能演算のためのネットワーク処理装置(NPU)があり、仮想秘書サービス、音声、顔、動作認識機能を提供する。

鮮明な画面のための不良画素及び歪曲補正技術、イメージ押出技術が内蔵されており、「ハイファイ4オーディオプロセッサー」3つを通じて、最高の音質で音楽、映画、ゲームなどを楽しめるように支援する。

サムスン電子は車両用インフォテインメント·プロセッサーに供給される電力を精密かつ安定的に調節する電力管理チップ(PMIC)「S2VPS01」も発表した。

このチップは車両向けシステム安全基準「エイシール-B」認証を取得している。エイシール-Bは車両向けシステム安全基準で、事故の発生可能性、深刻度、運転者の制御可能性をもとに4つのレベル(A、B、C、D)に区分される。一般にインフォテインメントシステムはBレベルを要求する。

障害が起こる可能性のある使用環境でも安全性を高めるため、電圧·電流の急激な変化に対する保護機能、発熱遮断機能、自己診断機能まで搭載された。

参考記事:DBハイテック、第1四半期に次世代電力半導体開発…独自チップ事業強化へ
参考記事:グローバル企業に半導体独自開発の動き…韓ファウンドリに好機となるか
参考記事:サムスン電子、フォルクスワーゲン車に半導体供給か

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    シャープからサムスンに転職したエンジニアが語る「サムスンが優秀な理由」

  2. 2

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  3. 3

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  6. 6

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  9. 9

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  10. 10

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

TWITTER

イメージセンサーも「超格差」…サムスン電子、業界初の2億画素公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062801/

「ペロブスカイトディスプレイ」技術開発、世界初の商用化の道が開かれる
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062703/

現代自動車グループ、半導体戦略TF新設…「技術内製化の延長線」位置づけ
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062702/

SKオン、他社が取り組む円筒形バッテリーではなく別の道を歩むのはなぜか
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062701/

EU、2035年に内燃機関を撤退…K-バッテリーは反射的利益期待
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22062402/

Load More
TOP