サムスン、第4世代フォルダブルスマホ発売準備へ…コード名[Q4][B4]

サムスン電子は、次期「フォルダブルスマートフォン」の新製品発売準備に本格的に突入した。内部的に製品コード名を決め、量産時期を調整するなど序盤作業を行っている。韓国メディア「dailian」が報じた。

今年に完成度を高めた第3世代製品でフォルダブルフォン大衆化の礎を築いたとすれば、来年は既存のバー(棒・bar)形態のフラッグシップ・スマートフォン程度に販売量を押し上げるのが目標だ。

14日、関連業界によると、サムスン電子は第4世代フォルダブルフォン「Galaxy Z Fold4」(仮称)と「Galaxy Z Flip4」コード名をそれぞれ「Q4」と「B4」に決めた。

前作「Galaxy Z Fold3」のコード名は「Q2」、「Galaxy Z Flip3」は「B2」だった。来年の後続作は2019年の初フォルダブルフォンから4年目を迎える第4世代製品であるだけに、コード名に付けられた番号も「3」を飛ばして「4」に合わせたものと分析される。

「Q4」というコード名に付いたアルファベット「Q」の意味は公式に確認されていないが、「女王(Queen)」を意味する「クイーン」から取ったものと推定される。これに先立って発売された「Galaxy Fold」と「Galaxy Z Fold2」はそれぞれ「トップ(TOP)」と「ウイナー(WINNER)」というコード名でサムスン電子内部で呼ばれたという。

「Galaxy Z Flip」のコード名は画面が広がり花がぱっと咲くような姿を形象化した「ブルーム(Bloom)」だった。後続作のコード名はブルームから取ったアルファベット「B」に数字「4」を付けたものだ。

部品業界によると、新規フォルダブルフォンの量産時期は、来年6月と調整されており、発売時期は8月と予想される。サムスン電子は今年8月11日、アンパック(公開)イベントを開き、「Galaxy Z Fold3」と「Galaxy Z Flip3」を披露した後、同月27日発売した。

来年も新規「Galaxy Note」シリーズを発売せず、下半期の主力モデルとして新規フォルダブルフォン2種を前面に出すものと予想される。

今年、フォルダブルフォンのヒットに成功しただけに、来年は出荷量をGalaxy Note水準の1000万台以上へ押し上げるのが会社の目標だ。業界では、フォルダブルフォンがすでに大画面の長所を打ち出し、しっかりしたマニア層を保有しているGalaxy Noteのユーザー層をある程度吸収したと判断している。

販売量も同様に、すでに「Galaxy Note」シリーズに迫っている。グローバル市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、今年、サムスン電子のフォルダブルフォン出荷量は約800万台と、全体市場(900万台)の88%を占める見通しだ。

最大の関心事は「Sペン」内蔵の有無だ。前作のGalaxy Z Fold3は、フォルダブルフォンとしては初めて、Sペン入力機能が搭載されたが、製品そのものに内蔵されず、別途に持ち歩かなければならない形だった。

サムスン電子は前作でもSペン内蔵を推進したが、フォルダブル機器の特性上、製品内部の不足空間問題と防水・防塵などを考慮して搭載しない案に変更された。

そのため利用者は、Sペン専用ケースを利用するか、別途に持ち歩くしかなかった。このため、折れるディスプレイの限界を克服し、優れた筆記感の実現には成功したものの、Galaxy Noteに完全に取って代わるにはやや物足りないという評価を受けた。

今回の製品は、Sペンの内蔵が確実視されている。大画面の特性であるフォルダブルフォンにSペンが内蔵されれば、Galaxy Noteのユーザー層をさらに効果的に吸収し、販売量をさらに引き上げることができる見通しだ。

電子業界のある関係者は「Galaxy Z Fold4内部にはSペンが内蔵される空間が別途に用意される」とし「他の部品空間を最大限減らしてSペンスロットが入る場所を確保し、防水・防塵に影響が最小限になるよう設計される」と述べた。

参考記事:Galaxy Zの新型は横に折るタイプ?…サムスンがWIPOへ新たな特許出願
参考記事:Galaxy S22、2月末発売か…Noteシリーズに代わって未来を担う役割も
参考記事:サムスン電子、来年もフォルダブルフォン市場で圧倒的な競争力を維持

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP