サムスン電子、第3四半期は世界43カ国でスマホ市場シェア1位を記録

サムスン電子が今年第3四半期、グローバル43カ国でスマートフォン市場シェア1位を占めた。

15日、市場調査会社のカウンターポイントの調査によると、サムスン電子は今年第3四半期、韓国・ドイツ・ロシア・イタリア・エジプト・イスラエルなど調査対象80カ国のうち43カ国でスマートフォン市場シェア1位を記録した。 韓国メディア「donga.com」が報じた。

特に韓国では85%の圧倒的なシェアを示し、ルーマニア・ベネズエラ・ブラジルなどでも市場シェア50%を超えた。

しかし、サムスン電子が1位を占めた国の数は、2019年第3四半期46カ国、2020年第3四半期45カ国、今年第3四半期43カ国と、減少傾向を示した。 カウンターポイントリーサーチは、米国とヨーロッパの一部の国では、アップルのファン顧客が多くを占め、インドではシャオミが攻撃的な姿勢見せたことで、サムスン電子が1位を占めなかったと分析した。また、メキシコではLG電子の市場撤退後、モトローラがシェアを拡大し、サムスン電子を2位に押し出した。

カウンターポイントリサーチのイ・ユンジョンアナリストは「第3四半期、サムスンのグローバルスマートフォン市場シェアは20%を記録し、コロナ19によるロックダウンでベトナム・インドの生産支障をもたらした第2四半期に比べ回復傾向を見せた」とし、「しかし前年同期比シェアは2%ポイント下落し、1位占有国数も徐々に減少している」と分析した。

彼は「ファーウェイとLGの空白による反射受益を狙った中国ブランドの攻撃的な歩みとプレミアムラインでのアップル宣伝による競合が一層深化した影響と分析できる」と述べた。続いて「サムスンは高度化された技術が要求されるフォルダブルフォンの技術ノウハウと価格競争力を掲げ、フォルダブル市場内の超格差を拡大しなければならないのはもちろん、インド・中国・中南米など新興市場でエントリークラスの5Gスマートフォンのラインナップ拡大とブランドイメージや認知度の改善などに注力する必要がある」と付け加えた。

参考記事:サムスン、来年初めに発売の「GalaxyA13」で中低価格のシェア拡大へ
参考記事:サムスン電子、中南米スマホシェア1位を維持するも中国企業が「猛追」
参考記事:サムスン電子フォルダブルフォン、アップルお膝元の米国でシェア1位に

関連記事

特集記事

エレクトロニクス業界リサーチやコンサルティング、コーディネーションのご相談はこちらまで
日韓ビジネスチャンネル

ランキング

  1. 1

    スマホ世界一のサムスン電子が日本市場で苦戦中、iPhoneとは対照的

  2. 2

    「二つ折り」サムスンの新商品フォルダブルフォン「フレックス」公開

  3. 3

    サムスン電子、横にもワイドな「ㄱ字型」のフォルダブルフォンを発売へ

  4. 4

    LCD事業の撤退を急ぐサムスンディスプレイ…今年6月に生産終了へ向け調整

  5. 5

    Galaxy S22の購入者、発熱問題でサムスン電子を相手に集団訴訟を予告

  6. 6

    脱日本を宣言した韓国「素材・部品・装備」業界、この2年で何が起こったか

  7. 7

    ウクライナ事態で希少ガス「ネオン」の価格が高騰…ポスコに関心集まる

  8. 8

    サムスンのQD-OLEDテレビ、LG-OLEDテレビと同価格に…両社の競争が本格化

  9. 9

    韓国企業、日本から全量輸入していたフォトレジスト用原料の国産化に成功

  10. 10

    韓国バッテリー業界、日本の分離膜メーカーのラブコールにも関心薄なぜ?

TWITTER

サムスン電子、第1回「サムスン6Gフォーラム」開催…超連結経験を提供
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051702/

現代自動車グループ、米国に9兆ウォンを投資し現地市場攻略本格化
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051701/

コーロンインダストリー、世界最大ディスプレイ学会で「CPIフィルム」公開
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051304/

ソウル半導体、ウクライナ戦争長期化によるIT需要の減少を受け1Q赤字計上
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051303/

韓国経済界、ユン政権に積極的な投資を約束…「ユン政府とともに経済発展」
#コリアエレクトロニクス
https://korea-elec.jp/post/22051302/

Load More...
TOP